ダーリンハニー吉川正洋〜子どもの名前は「こまち」と「はくと」

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、お笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋が出演。芸能界屈指の鉄道ファンである吉川に鉄道の魅力について訊いた。

黒木)今週のゲストは芸能界を代表する鉄道ファン、お笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋さんです。タモリさんも唸らせる、芸能界屈指の鉄道ファンでいらっしゃいます。でも、お笑いコンビでいらっしゃるのですよね?

吉川)お笑いをやっているのですけれど、ほとんど鉄道のお仕事ばかりですね。

黒木)では相方の方は?

吉川)長嶋くんという相方と組んでいるのですけれども、だいぶ切り離し運転をして(笑)。

黒木)大丈夫なのですか?

吉川)ええ、鉄道イベントの司会を長嶋くんがやってくれて、僕は熱く鉄道を語る、みたいな感じでコンビの仕事として成立しています。

黒木)2人でイベントの仕事をやっていらっしゃるのですね。でも、お笑いはやらないと。

吉川)最後に鉄道ネタをやったりします。

黒木)鉄道ネタもあるのですか? 例えば?

吉川)鉄道漫才みたいな。普通に漫才で「よろしくお願いしまーす」と入って、「私、娘と息子がいまして、娘は『こまち』と言いましてですね、下の息子は『はくと』と言うのですが、鉄道の名前から取りまして。3人目ができたら『Maxとき』にしようかなと思っています」「Maxときかい!」みたいな入り口でやらせていただいています。

黒木)お子さんは本当に「こまち」ちゃんと「はくと」くん?

吉川)本当です。「スーパーはくと」という特急が走っているのですけれども。

黒木)鉄道ファンでいらして、そのなかで名前を選んだわけですよね。

吉川)けっこう鉄道はいい名前がたくさんありまして、もちろん「のぞみ」「ひかり」「あずさ」とか。

黒木)確かに、いい名前が多いですね。

吉川)そのなかで「こまち」と「はくと」にしたかったのですよ。

黒木)では、いっぱい産まないと。たくさん名前をつけたいですよね。

吉川)そうですね、「かがやき」とか。

黒木)「ななつ星」とか。

吉川)吉川ななつ星(笑)。いいですね。

黒木)星が7つもついて。

吉川)お上品な子になりそうな。

黒木)鉄道を好きになった理由は、一言では言えないでしょうけれど、何と2歳のときから?

吉川)2歳のときから好きでして、小田急線が見える橋があったのですが、そこで小田急線を2歳のときに延々と見ていたら、好きになってしまったのですよ。ロマンスカーとか、小田急線はけっこう種類が豊富なのですね。車両の格好よさに惹かれているうちにどっぷり好きになって、そのまま41歳になってしまいました。


ダーリンハニー・吉川正洋/お笑い芸人

■1977年・東京都出身。
■和光学園、和光大学人文学部文学科卒。
■高校生のときに長嶋トモヒコとお笑いコンビ「ダーリンハニー」を結成。
■2000年にプロデビュー後、ライブを中心に活動。
■幼少期からの電車ファンで、現在は芸能界屈指の電車ファンとして数々のメディアに出演。『タモリ倶楽部』『新・鉄道ひとり旅』『笑神様は突然に』など人気番組に多数出演するほか、著書『ダーリンハニー吉川の全国縦断鉄博巡り』を刊行。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)