ダーリンハニー吉川正洋〜観光列車はこれに乗れ!

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、お笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋が出演。芸能界屈指の鉄道ファンである吉川に、おススメの観光列車について訊いた。

黒木)今週のゲストは芸能界を代表する鉄道ファン、お笑いコンビ「ダーリンハニー」の吉川正洋さんです。この間、テレビを見ていたら、近鉄が好きな男の子が大きくなって本当に近鉄で働きたい、そのあとは鉄道を持ちたいという話をしていました。小さいときから鉄道が好きで、と。吉川さんも2歳のときから鉄道ファンになられたということですが、挫折はないのですか?

吉川)ありました。昔は、鉄道は暗い趣味とされていまして、なかなか人に言えませんでした。だから隠していたのですよ。でも、タモリさんが番組で呼んでくださって、「鉄道趣味も言っていいんだよ」と言ってくれて。そこからは一切隠さずに言うようになりました。いまは鉄道ファンと言っても「おっ、いいですね」と言ってくださる世の中になりました。

黒木)各地の鉄道、街、地域も潤いますから、鉄道ファンの方々が日本を支えているという、そういうことにもなりますよね。

吉川)地域の活性化になりますし、いまは地域ごとに観光列車がありますので、その観光列車に乗りに行くという方も多いです。

黒木)列車がもたらす地域活性化ですね。

吉川)まさしく九州は観光列車天国で、たくさん素敵な列車が走っています。

黒木)お好きなものは何ですか?

吉川)僕は「ゆふいんの森」という観光列車が好きです。

黒木)知っています。

吉川)緑色の、観光列車のなかでも早くからある列車ですが、リッチな気分になれます。九州の観光列車は素敵なものがたくさん走っていますね。

黒木)九州以外だと、どんなものがあるのですか?

吉川)いまごろだと四国で「伊予灘ものがたり」という列車が走っています。海沿いを走る解放感のある列車で、夏はいいですね。車内には美味しい食事もありますし、豪華な列車です。「伊予灘ものがたり」が走ると、地元の方が手を振ってくれるのですよ。それが感動するのですよね。最初はなかったのですが、自然発生的にお手振りの文化が……みんなでやろうよ、というような。「伊予灘ものがたり」が走る時間になると、お店から出て来て、手を振ってくださるのです。

黒木)歓迎してくださって、旅人としては嬉しいですよね。

吉川)「しまんトロッコ」というトロッコ列車も四国に走っています。静岡県の「大井川鐵道」は、きかんしゃトーマスが茶畑のなかを走るというものです。あれはお子様も夏休みの思い出になります。

黒木)いまおっしゃったものは、予約は取りやすいのですか?

吉川)トーマスも人気なのですが、ホームページをチェックしていれば、取れます。

黒木)他には?

吉川)新潟県の「雪月花」が、えちごトキめき鉄道というところを走っているのですが、日本最大級の窓の大きさなのです。ガラスの部分が大きくて、そこから見る日本海はいいですし、お食事が絶品なのですよ。鉄道ファンの大好きなスイッチバックという、ギザギザに進んで、一旦戻って駅に停まるのですね。そして、また方向転換して進んで行くという。方向が変わるのですよ。

黒木)進んでいるものがバックして、それでまた進むと。なるほど。


ダーリンハニー・吉川正洋/お笑い芸人

■1977年・東京都出身。
■和光学園、和光大学人文学部文学科卒。
■高校生のときに長嶋トモヒコとお笑いコンビ「ダーリンハニー」を結成。
■2000年にプロデビュー後、ライブを中心に活動。
■幼少期からの電車ファンで、現在は芸能界屈指の電車ファンとして数々のメディアに出演。『タモリ倶楽部』『新・鉄道ひとり旅』『笑神様は突然に』など人気番組に多数出演するほか、著書『ダーリンハニー吉川の全国縦断鉄博巡り』を刊行。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)