ラグビーワールドカップをより楽しめる3つのポイント

お笑いコンビ・ランパンプスが8月17日のニッポン放送「八木亜希子LOVE & MELODY」に出演、開催迫るラグビーワールドカップ2019日本大会?の楽しみ方を解説した。

【ラグビー パシフィック・ネーションズ杯 フィジー代表対サモア代表】 試合前 互いにウォークライを披露しあうサモア(青いユニフォーム)、フィジー両代表チーム    =フィジー・スバのANZスタジアム 8月10日 <写真:産経新聞>

8月25日(日)には定期ライブ「くつばこ」をヨシモト∞ホールで開催するランパンプスは、元ラグビー部の寺内ゆうきと元アイスホッケー部の小林良行のコンビ。9月20日のラグビーワールドカップの開幕まで約1か月ということで、高校時代はラグビー千葉県選抜にも選ばれた寺内が、「ラグビーワールドカップをより楽しめる3つのポイント」と題して語った。

「ラグビーワールドカップをより楽しめる3つのポイント」

必見!試合前のウォークライ

「ぜひ生で見てもらいたいのは『ウォークライ』と呼ばれる試合前の士気を高める雄叫びです。有名なのはニュージーランド代表による伝統舞踊ハカですが、他にもトンガのシピタウ、フィジーのシンビ、サモアのシバタウがあります。ワールドカップは『プールA』から『プールD』に分かれて予選を行いますが、『ウォークライ』が有名な国が1プールに1カ国ずつ入っています。日本と対戦するのはサモア。10月5日に行われる日本対サモア戦では、サモア代表による「シバタウ」が見られるチャンスです」

南アフリカ代表との練習試合をチェック

「2015年の大会で、ワールドカップで過去わずか1勝の日本代表が勝ち、『スポーツ史上最大の番狂わせ』とも言われた対戦相手、世界ランキング5位の南アフリカ代表。この南アフリカと日本が、9月6日に熊谷ラグビー場で練習試合(日本代表壮行試合・リポビタンDチャレンジカップ2019)を行います。日本代表が決勝トーナメントに行けたら、対戦相手が南アフリカになる可能性が高いので、相手の様子をさぐるのに重要な試合になりそう」

<「リポビタンDチャレンジカップ2019」日本代表対南アフリカ代表 パブリックビューイング>
●東京都府中市けやき並?通り FORiS前
●神奈川県横浜市クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル
●神奈川県小田原市ハルネ小田原 うめまる広場
●埼玉県さいたま市浦和駅東口駅前市民広場
ほか、全国8箇所で開催予定

声援が日本代表の力になる

「日本代表は声援に慣れてない。せっかくの日本開催ですので、ぜひ選手に声援を!なんと声をかけたらいいかわからないかもしれませんが、ぶっちゃけ選手には言葉が耳に入ってこない可能性もあるので『わ〜〜〜!』っと盛り上げるだけでもOK。みなさんの声援が選手たちの力になること間違いなしです」

ランパンプス

なお、ニッポン放送では、2019年9月28日(土)午後4時〜午後6時30分(予定)で、「ラグビーワールドカップ2019? 日本大会 日本×アイルランド」実況中継を放送する。

 

八木亜希子LOVE&MELODY
FM93AM1242ニッポン放送 土曜8:30-10:50

関連記事(外部サイト)