ダーリンハニー吉川正洋〜寝台列車で旅をする魅力

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、お笑いコンビ・ダーリンハニーの吉川正洋が出演。芸能界屈指の鉄道ファンである吉川に、寝台列車をはじめ、鉄道の旅の魅力について訊いた。

黒木)今週のゲストは芸能界を代表する鉄道ファン、お笑いコンビ「ダーリンハニー」の吉川正洋さんです。昔は新幹線に個室がありましたが、いまはなかなか見ませんよね。

吉川)もう新幹線に個室はないですね。

黒木)あの新幹線はどこへ行ったのですか?

吉川)もう廃車になってしまいました。昔は食堂車などもありましたね。

黒木)食堂車はよかったですよね。風情がありました。

吉川)あそこで小さいころに食べたカレーの味が、忘れられないのですよ。いまは走る美術館の新幹線があります。新潟の方で走っています。

黒木)走る美術館。美術館になっているのですか?

吉川)車内が美術館になっているのですよ。あとは、足湯のついている新幹線とか。

黒木)足湯がついている新幹線? それは熱海とか?

吉川)山形の方なのですけれど、面白い新幹線があります。

黒木)鉄道会社もいろいろと工夫していらっしゃるのですね。

吉川)昔のブルートレインや寝台列車が小さいころ好きだったので、夢ではないですけれど、復活してくれないかな、と妄想しています。

黒木)復活して欲しいナンバーワンは?

吉川)「北斗星」とか、いいですね。あとは「トワイライトエクスプレス」。昔はお手軽に乗れる寝台列車があったのですよ。いまは「サンライズ」という寝台列車が走ってはいるのですが、もう1度走ってくれたら……。「富士」や「あさかぜ」などが復活してくれたらな、と思います。昔の思い出があるのですよね。2段ベッドになっていて、旅人同士が仲よくなって「どこへ行かれるんですか?」とか。いまは個室で、それも素敵なのですけれど、ああいう旅空間もいいなと思います。

黒木)鉄道での旅がお好きですか?

吉川)大好きです。

黒木)海外に行かれたときも、鉄道に乗るのがお好きですか?

吉川)好きです。特にアジアが多いのですが、日本で活躍していた列車が海外で第二の車生を過ごしているのですよ。インドネシアだと、ジャカルタで日本の車両がまだ頑張って走っています。そういうものを見に行くのも好きですね。「ああ、まだ頑張って走っている」と。

黒木)お好きだということですが、鉄道の魅力とは何ですか?

吉川)恋をしているような感じですかね。大好きなのですよ。だけど鉄道は自分のものにはならないので、ずっと失恋している感じですね。

黒木)追いかけている。

吉川)追いかけては振られ。だけど、そこがいいのですよね。自分のものにならない、公共のものですからね。

黒木)そうやって電車に乗って、出会った人たちと触れ合ったり、知らないところへ行って街の空気を味わう。鉄道ファンの方の旅は、旅は旅でもちょっと違った旅なのでしょうね。

吉川)地元の普通列車や路面電車に乗ると、皆さんの生活が見られるのです。地元がよくわかるのですよね。鉄道は本当に素敵です。おじいちゃんになっても、ずっと乗っていると思います。


ダーリンハニー・吉川正洋/お笑い芸人

■1977年・東京都出身。
■和光学園、和光大学人文学部文学科卒。
■高校生のときに長嶋トモヒコとお笑いコンビ「ダーリンハニー」を結成。
■2000年にプロデビュー後、ライブを中心に活動。
■幼少期からの電車ファンで、現在は芸能界屈指の電車ファンとして数々のメディアに出演。『タモリ倶楽部』『新・鉄道ひとり旅』『笑神様は突然に』など人気番組に多数出演するほか、著書『ダーリンハニー吉川の全国縦断鉄博巡り』を刊行。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)