ニコラス・エドワーズ、アメリカの実家の敷地は、23区と同じ!?

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜の朝5時30分から放送!)。司会は中山秀征さん! アシスタントは石川みゆきさんです。ケーブルテレビの「J:COM」でもご覧いただけます。放送日時など詳しくは、J:COMのホームページでご確認ください。

10/20(日)のゲストは、山川豊さん、西方裕之さん、ニコラス・エドワーズさんです。

三橋美智也さんの「達者でナ」を突き抜ける高音で熱唱した西方裕之さん。「春日八郎さんにデビュー当時にお会いすることができましたが、三橋さんには、お会いできなかったので、それが残念ですね」と西方さん。

新曲「波止場」(9/4発売)は、作詞作曲が筑紫竜平(大川栄策さん)。「私のディレクターが、大川さんと同じ高校の出身で、それが縁で、この曲を私のために作ってくれたんです。大川さんが他の歌手に提供したのは初めだと聞いたので、いっそう、気合を入れて歌っています」。

日曜大工など、自分で作ったりすることが趣味の西方さん。この夏に、何と自宅のトイレを改装しました。「旅館のトイレが畳敷きだったんですよ。それが足の裏に気持ちよくて、自宅のトイレも本物の畳を敷いたんです。便器に沿ってカットして、畳の縁を縫って、ぴったりと収めたんです。いまは快適快便です(笑)」。手先が器用な西方さんに、みんな、感心しきりでした。

ニコラス・エドワーズさんの実家は、アメリカのオレゴン州にあって、牧場を営んでいます。その広さは、何と、東京都の23区とほぼ同じ!「子供のころは車の運転ができないので、馬に乗って移動していました。あまりに広すぎて、携帯電話の電波がつながらないんです。いまでも実家に帰ると、スタッフからの電話が通じず、逆にのんびりできるんですよ」。11月13日発売の新曲「Tears」を披露したニコラスさん。「僕の作詞作曲です。この曲で頑張りますので応援してくださいね!」。

昭和62年、デビュー8枚目のシングル「愛待草より」を披露した山川豊さん。三重県鳥羽市の出身で、子供のころ、台風が直撃した日のことは忘れられないそうです。

「屋根瓦が飛ばないように、魚を取る網を屋根に張りましたね。それでも瓦が飛んで行ったんです。その日は親父が出稼ぎ中で、親戚の家に避難しましたが、兄貴(鳥羽一郎さん)だけが残って家を守りました。あのころから兄貴は頼れる男でしたよ」。そんな故郷が舞台となっている最新曲「今日という日に感謝して」を披露していただきました。

<<山川豊さん情報>>
・「長良グループ・新春豪華歌の祭典2020」の開催決定!
2020年 2/7  熊本県/熊本城ホール
2/11 大阪府/フェスティバルホール
2/16 東京都/東京国際フォーラム ホールA
2/21 愛知県/愛知県芸術劇場
出演は、山川豊さん、田川寿美さん、水森かおりさん、氷川きよしさん、辰巳ゆうとさん
○山川豊さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://www.nagarapro.co.jp/top/artist/artist.php?id=3

<<西方裕之さん情報>>
・新曲「波止場」を収録した『西方裕之全曲集2020』も好評発売中です。
○西方裕之さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.sato-kikaku.co.jp/nishikata/

<<ニコラス・エドワーズさん情報>>
・全国各地で新曲キャンペーン中です。
○ニコラス・エドワーズさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://nicholas-edwards.com

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 5:30-6:00

関連記事(外部サイト)