松尾スズキ、自身初の監督・脚本・主演作は前代未聞のR18映画!?

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第715回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、10月25日に公開となった『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』を掘り起こします。

108人の女を抱いて妻に復讐??? 松尾スズキが想像力と体力の限界に挑む!

愛する妻・綾子がSNSに若いコンテンポラリーダンサーへの恋心を綴っていることを知った、売れっ子脚本家の海馬五郎。しかもその投稿についた「いいね!」の数は、何と108。あまりのショックに、海馬は離婚を決心する。

ところが離婚した場合は財産分与により資産の半分を妻に支払わなければならないことを知り、大激怒! 意地でも資産を使い果たすために「いいね!」の数だけ女を抱いて復讐しようと、とんでもない計画を思いつく。

しかし108人への道のりは、果てしなく遠い。追い込まれた海馬は、想像をはるかに超える“ある方法”で目標をクリアしようとする…。

2018年、自身が主宰する劇団「大人計画」が創立30周年を迎えた松尾スズキ。作家、演出家、映画監督、俳優など、多岐にわたって活動を続けて来た鬼才が、自ら“到達点”と語り、注目を集めている映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』。

初めて監督・脚本・主演を務める妥協なき復讐コメディが、ついにベールを脱ぎました。

前代未聞のR18映画に勢揃いしたのは、超豪華なキャストたち。海馬五郎の妻で元女優の綾子役は、中山美穂。不思議な魅力を持つ年下のダンサーに身も心も奪われて行く人妻を、大人の魅力たっぷりに演じています。

さらに日本演劇界を牽引する秋山菜津子、岩井秀人をはじめ、坂井真紀、大東俊介、土居志央梨、堀田真由、栗原類、LiLiCoらが、一癖も二癖もある個性的なキャラクターを熱演。

そして主題歌は、星野源の「夜のボート」。2008年に上演された松尾スズキ作・演出の舞台「女教師は二度抱かれた」の劇中歌として制作された楽曲を、今回、この映画のために新たにレコーディングしました。辛辣さと笑いを交えた狂騒劇を、柔らかく温かみのある歌声で包み込みます。

松尾スズキらしいエッジの効いたブラックコメディ。過激な描写ばかりが取り沙汰されがちですが、上質な会話劇としても楽しめますよ。“笑いがわかるオトナ”にオススメの1作です。

『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』

2019年10月25日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
監督・脚本:松尾スズキ
主題歌:星野源「夜のボート」(Speedstar Records)
出演:松尾スズキ、中山美穂、大東駿介、土居志央梨、栗原類、LiLiCo、福本清三、乾直樹、宍戸美和公、堀田真由、村杉蝉之介、オクイシュージ、岩井秀人、酒井若菜、坂井真紀、秋山菜津子
(C)2019「108〜海馬五郎の復讐と冒険〜」製作委員会
公式サイト https://108-movie.com/

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

関連記事(外部サイト)