千原せいじ アフリカでカバを食べてひどい目に遭う

お笑いタレントの千原せいじが、ニッポン放送「東貴博と山根千佳のラジオビバリー昼ズ」に出演し、海外ロケの際中に起こったハプニングを語った。

番組の撮影で、海外ロケに行くことが多い千原。以前アフリカに行った際に、動物のカバを食べたことを明かし、一同を驚愕させた。現地ではカバの繁殖力は高く、大量の餌を必要としつつ、排便の量も多量のことから環境汚染の被害が甚大だという。さらに人を襲う危険性も相まって、期限を決め、駆除のためにカバを食べるようになったとのこと。

せいじ: (カバを)食べたら、5分せんうちにアレルギーが反応して、昔あった吸盤のマッサージの吸盤くらいのボコボコしたものが体中にできて(笑)。「うわー! カバや!」って。めっちゃかゆくて、次の日のロケは無理やなと思ってたけど、そこはやっぱりプロですわ。寝て起きたらなんともなかった

山根: すごい! プロだ!

せいじ: 俺、アレルギーとか1個もないと思ってたけど、カバアレルギーやった(笑)

自身の唯一のアレルギーが“カバアレルギー”だったことを強烈なエピソードと共に明かした千原。東は「カバアレルギーって、日本で(せいじさん)1人でしょうね」と興味深い様子で語った。

 

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 11:30〜13:00
(8月27日放送より)

関連記事(外部サイト)