Snow Man 宮舘涼太が明かす「貴族」生活……東MAXと共感?

ジャニーズJr.の9人組男性アイドルグループ・「Snow Man」の宮舘涼太がニッポン放送「東貴博と山根千佳のラジオビバリー昼ズ」に出演し、“貴族”と呼ばれる生活について明かした。

2020年、ジャニーズJr.内の人気ユニット「SixTONES」とともに、ジャニーズ史上初となる2組同時のメジャーデビューが発表された「Snow Man」。そのメンバーである宮舘は、王子のような紳士的な振る舞いから、ファンから「だて様」の愛称で親しまれ、メンバーからは「貴族」と呼ばれているという。

そんな宮舘は、最近“シルクの素材”が気になっているそうで、寝具をシルクにしようと考えているとのこと。現在はバスローブで寝ているという宮舘に、“下町のプリンス”を自称する東も「貴族だね〜〜」と感心。東も、昔は楽屋でバスローブを着ていた時代があったと語った。

東:貴族に寄せてたから。今後、俺みたいになっていくよ。金の延べ棒で汗を拭いたり

宮舘:ちょっと、今後困った時に相談したいと思います

東:グッズならいっぱいあるから

思わぬ共通点を見出した東と宮舘だった。

また、宮舘はジャニーズの先輩・滝沢秀明との伝説エピソードも披露。「Snow Man」が出演した舞台「滝沢歌舞伎」の打ち上げでは、滝沢本人が暖簾を発注し、飲み物のメニュー表なども自分で作ってきたという。「滝沢君の伝説ってめちゃくちゃあるもんね」と納得した様子の東に、「まだまだ言い切れないくらいありますね」と宮舘は語っていた。

高田文夫のラジオビバリー昼ズ
FM93AM1242ニッポン放送 月〜金 11:30〜13:00
(8月13日放送より)

関連記事(外部サイト)