マーティン・スコセッシ × ロバート・デ・ニーロ、レジェンドたちが贈るギャング映画の新たな傑作!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第731回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

 

今回は、11月27日から世界同時配信のNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン』を掘り起こします。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

アメリカの裏社会に生きるアウトローたちの壮絶な生き様に迫る!

巨匠マーティン・スコセッシ監督と名優ロバート・デ・ニーロが、『カジノ』以来22年ぶりにタッグを組んだ、Netflixオリジナル映画『アイリッシュマン』。

作家チャールズ・ブラントのノンフィクション作品『I Heard You Paint Houses(原題)』を原作に、実在の無法者たちの半生にスポットライトを当てた、スコセッシ監督念願の最新作です。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

全米トラック運転組合のリーダーであるジミー・ホッファが、忽然と姿を消した。失踪事件に関与した疑いをかけられたのは、伝説的マフィアとして知られるラッセル・ブファリーノに仕えていた殺し屋、“アイリッシュマン”ことフランク・シーラン。

アメリカ最大の未解決事件と言われるこの事件を通じて、犯罪組織の抗争、主導権争い、政権とのつながり、果てはケネディ大統領暗殺事件への関与まで、アメリカ裏社会の闇と事件の真相が浮き彫りになって行く…。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

フランク・“アイリッシュマン”・シーランをロバート・デ・ニーロが演じる他、ジミー・ホッファ役のアル・パチーノ、ラッセル・ブファリーノ役のジョー・ペシと、ハリウッドのレジェンド級俳優たちが豪華共演。

1949年〜2000年にかけて、時間を行き来しながら語られるストーリーのなかで注目なのが、このベテラン俳優たちが、それぞれのキャラクターの若かりしころから往年の姿まで、さまざまな年代を演じ分けていること。

それを可能にしたのが、ILM(インダストリアル・ライト&マジック)のパブロ・ヘルマンが生み出した“De-Aging Process”と呼ばれる、俳優をCGで若返らせる特殊効果技術。総額162億円(1億5000万ドル)もするという3台の特殊カメラを用いて、自然な若返りを実現させているのです。

最新技術と巨匠監督の巧みな演出と、名優たちの生々しい演技。これらが見事に融合し、半世紀に渡る男たちの物語を、圧巻のスケールとクオリティで描き切ることに成功しました。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

大胆に壮大に、一生涯を駆け抜けるような作風は、スコセッシ監督によるギャング映画の総決算にして、大傑作。

2019年、第91回アカデミー賞で3部門を受賞したNetflixオリジナル映画『ROMA/ローマ』と同様に、各賞レースを席巻するのではないかと、世界中の注目が集まる1作です。

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

『アイリッシュマン』

2019年11月27日からNetflixにて独占配信開始
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:スティーヴン・ザイリアン
原作:チャールズ・ブラント 『I Heard You Paint Houses』
音楽:ロビー・ロバートソン
出演:ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテル、レイ・ロマノ、ボビー・カナヴェイル、アンナ・パキン、スティーヴン・グレアム、ステファニー・カーツバ、キャスリン・ナルドゥッチ、ウェルカー・ホワイト、ジェシー・プレモンス、ジャック・ヒューストン、ドメニク・ランバルドッツィ、ルイス・キャンセルミ、ポール・ハーマン、ゲイリー・バサラバ、マリン・アイルランド、セバスチャン・マニスカルコ、スティーヴン・ヴァン・ザント
公式サイト https://www.netflix.com/jp/title/80175798

ニッポン放送「しゃベルシネマ」

八雲ふみね

映画コメンテーター・DJ・エッセイストとして、TV・ラジオ・雑誌など各種メディアで活躍中。
機転の利いた分かりやすいトークで、アーティスト、俳優、タレントまでジャンルを問わず相手の魅力を最大限に引き出す話術が好評で、絶大な信頼を得ている。
初日舞台挨拶・完成披露試写会・来日プレミア・トークショーなどの映画関連イベントの他にも、企業系イベントにて司会を務めることも多数。
トークと執筆の両方をこなせる映画コメンテーター・パーソナリティ。
八雲ふみね 公式サイト http://yakumox.com

関連記事(外部サイト)