ブルゾンちえみ〜「武器も少ない状態で戦場に出てしまい、すぐに撃たれてしまうのではないか」と思っていた

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、お笑いタレントのブルゾンちえみが出演。いきなりブレイクしたときの心境について語った。

「Yahoo!検索大賞2017」で大賞とお笑い部門賞をダブル受賞したブルゾンちえみ。徳田浩至(左)と杉浦大毅のwithBも駆けつけた=2017年12月6日 写真提供:産経新聞社

黒木)今週のゲストはお笑いタレントのブルゾンちえみさんです。岡山県の出身でいらっしゃるのですよね?

ブルゾン)はい、そうです。

黒木)「おかやま晴れの国大使」として、岡山県をPRされていらっしゃるのですけれども、岡山ではどのような女の子だったのですか?

ブルゾン)「こうと思ったらこうだ」と自分を信じて突き進んでしまうタイプで、間違っていると思ったら指摘してしまうような、戦うタイプでした。

黒木)そういう姿勢がいまもぶれず、変わっていないということなのでしょうね。

ブルゾン)そうですね。大人とも、「なぜこうなるのか?」とディベートをしたがっていました。

黒木)敵も多かったのですか?

ブルゾン)とことん話し合うので、「雨降って地固まる」となり、敵という敵はいませんでした。

黒木)下積みのころにしたいろいろなこと、歌ったり踊ったり、芝居をしたり…。それがキャリアになっているのですね。

ブルゾン)「遠回りしたな」とは思います。でもそのおかげで、キャリアウーマンのネタにダンスを加えることができましたし、演技の勉強をしていたので、上から目線もできました。いま思えば、必要な通り道だったのかなとも思います。

黒木)つまりは、いまのブルゾンちえみさんをつくるにあたり、いろいろなことを研究していたということですよね?

ブルゾン)さまざまなことを行ったおかげで、いまこうなっているのかも知れません。

黒木)しかし、そのときは「何だろう、何だろう」と探していらっしゃったのですよね?

ブルゾン)悩んでいました。「これが正解だ」とは、どんなところにいても思うことができませんでした。「私はこれでいいのか、この先どうなるのだろうか?」ということをずっと思っていました。そんなときに突然、この状態になったので、私も満を持して「ブルゾンちえみ、いま売れどきです」とは思えませんでした。急にこうなりました。

黒木)それは時代と言いますか、お笑いの場合は時代が受け入れて、マッチングしなければなりませんからね。

ブルゾン)そうですよね。本当にありがたいと思いました。

黒木)デビューして間もなく大ブレイク。戸惑いなどはありましたか?

ブルゾン)いつも次の日に目が覚めて、「夢でした」と言われても信じられるくらいに、毎日に現実味がなかったですね。いままでテレビで観ていた芸能人が目の前にいて、毎日ご一緒している。夢のなかの出来事のように過ごしていました。私がやっていることも、突然出て来た上に芸歴も浅かったので、確信を持つことができませんでした。ネタも少なく、たくさんの武器を持っているわけでもなかったので、不安の方が大きかったです。こんな状態で戦場に出て来てしまって、すぐに撃たれてしまうのではないかというサバイバル感がありました。

黒木)そのころにお目にかかっていますけれども、そのようなことはまったく、微塵も感じませんでしたよ。

ブルゾン)そうですか。私の心のなかは、「やるしかない」と思っていました。戦場に出ているので、自分の武器を総出で闘っていました。

黒木)夢のなかとは思いつつも、それを受け入れる自分もいるわけですね。

ブルゾン)そうですね。いま自分はこうなのだから、やるしかないと思いました。

ニッポン放送「あさナビ」

ブルゾンちえみ/お笑いタレント・女優

■1990年生まれ。岡山県出身。「おかやま晴れの国大使」。
■2013年に上京し、ワタナベエンターテインメントカレッジに入学。2015年にデビュー。
■2017年1月、ナインティナインが司会を務めるお笑い番組『ぐるナイおもしろ荘』に出演して優勝。一躍注目を集める存在となり、人気が爆発した。
■人気のきっかけは、キャリアウーマンになりきり、恋愛についてアドバイスするネタ。このネタでは後輩のお笑いコンビ・ブリリアンを「with B」として迎える。ネタに登場する「35億」のフレーズは新語・流行語大賞トップ10を受賞した。
■2017年4月には連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』で女優デビュー。8月には『24時間テレビ』のマラソンランナーとして完走。また5人組ユニット「Royal Flush」を結成し海外アーティストのMVをカバー。
■2019年3月には自身が作詞した『#Enjoy Your Life』を配信、歌手デビュー。7月には『フローズン・ビーチ』で初舞台。映画『蜜蜂と遠雷』では映画初出演。幅広いメディア・ジャンルで活躍を続けている。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月18日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

関連記事(外部サイト)