声優・青山吉能「どうやら私は昭和っぽい?」〜知らなかった自分が見えるラジオ

【ニッポン放送「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」アシスタント
青山吉能 インタビュー・後編】

11月2日にスタートしたニッポン放送の番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(毎週土曜13時〜)の1月のマンスリーアシスタントに、声優の青山吉能さん(23)が就任した。

そんな青山さんに、番組アシスタントの就任の心境を「ニッポン放送NEWS ONLINE」編集長が訊く今回の企画。「ラジオ」への熱い想いが伝わってきた前編に続いて、青山さんの「故郷」への想いが溢れた今回の後編。

そのきっかけは、前編の最後に出た「1月」というキーワードから。

―――― 去年2019年の「1月」は、5日に地元・熊本で、所属していた声優ユニット「Wake Up, Girls!」の凱旋公演がありましたが、あれから1年が経ちましたね。

青山:そうですね、あっという間だったのかな。でも大きく環境が変わりすぎて、それこそ3月8日に解散ライブがあって、もう1月かって! きっと気がついたら解散から1周年になって、どんどん2周年、5周年、10周年となっていくんだなって思うと、時間って平等に流れていくから「恐ろしい!」と思います。やっぱり1年が経ったのであれば、1年が経ったなりの成果が自分の中でも欲しいんです。でも、私の好きな言葉に「報われない努力はあっても、無駄な努力はない」というのがあって。報われない努力って確かにたくさんあるんですよ。オーディションのために一生懸命努力して最高のテープが取れても、落ちるんです。それって報われない努力だけど、その頑張った軌跡は無駄じゃないと思うから。日々、報われない努力っていうのをちゃんと重ねていかないといけないなと思います。

―――― オーディションは、最高の自分を発揮しても、その作品の役に合うかどうかという話もありますからね。

青山:全然、別なんですよね。でもそこで落ちたとしても、見出せた自分の新しい扉って絶対にあるから。そういう1個1個の小さい種をまいて、水やりを忘れずに丁寧に丁寧に生きていけば、いつか花は開くから。そのときまでに、ちゃんと積み重ねておかなきゃいけないですね。

―――― 熊本公演の話もありましたけど、青山さんが出演する熊本県制作のTVアニメ「なつなぐ!」も、1月から放送が始まりましたね。

青山:私もオンエアを楽しみにしているんですけど、本当に「ここまでなまるか!」ってくらい全員なまっているので、オール熊本アニメの良さが出てますね。

―――― 実際に熊本弁を使う醍醐味もありつつ、地元・熊本の作品に自身が出演されているというのは、やってみていかがですか?

青山:うれしいですよ! 実はデビューした最初のころは、熊本に生まれたことを弱みだと思っていたんです。東京に住んでいたらもっといっぱいお仕事をできていたのに、なんで熊本からわざわざ通って、朝早く起きて、夜は遅い飛行機の便で帰るような生活をしないといけないんだって。2年間、熊本に生まれたことを恨んでいたので、まさかこういった形で強みになると思ってなかったし、上京して初めて熊本に生まれたことが強みなんだってわかりました。「なつなぐ!」は、震災復興を掲げたアニメでもあるので、当たり前の日常が当たり前じゃないってこともちゃんと伝えていきたいし、やっぱり忘れないことが復興への第一歩だと思うので、そういう気持ちをこの「なつなぐ!」というアニメを通して感じていただいて、皆さんの中で熊本がずっと胸にあってほしいなと思います。熊本って地震があってかわいそうなところというよりも、お水が美味しくて、辛子蓮根や馬刺しが美味しくて、人情も溢れていてっていう良いところをいっぱい見つけて遊びにきていただいて、どんどん熊本の輪が広がっていったらいいなと思っています。

―――― 同じく1月から放送中のTVアニメ「群れなせ!シートン学園」でも、とても記憶に残るキャラで活躍ですね。

青山:すごく挑戦的な作品で、「もっとやっていいよ」って言われたのは初めてでした。自分の中でもぶっとんだキャラ設定でいったんですけど、「足りない」って言われて。だから、当時できた最大限のクロエ役をお届けできたんじゃないかなと思います。

―――― 天野さんからも認知されている「きかんしゃトーマス」のメインキャラクター・ニアの声も担当していますし、今、幅広く活躍している時期ですよね。いろいろなキャラクターを演じられる役者さんになったなとしみじみと見ていました。

青山:ありがとうございます! もっともっといろいろな子に出会えるように頑張ります。

―――― いろいろなキャラクターを演じるといえば、現在は、朗読劇「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(銀座博品館劇場 1月11〜19日)にも出演されていますよね。1月12日と16日には松田美乃里役、19日の千秋楽には森岡市子役で出演されます。朗読といっても役者さん同士のやりとりですから、相手の役者さんが変わるとお芝居は全然変わりますよね。

青山:そうなんです。しかも先輩方がリハーサルと本番で変えてくるんですよ! 去年もいろいろな朗読に出演させていただいたんですけど、「え、リハと違うやん…、そうきたか!」と思って恐ろしいですね。「リハでやりすぎると、本番で本気のお芝居ができないから」って言われて、「マジか!」と思いました。

―――― 自分としても、どのようなカードを出すかが試されますね。

青山:私、けっこうリハで全カードを出しちゃうタイプなので(笑)。でも、そこで絞り出した切り札がまた新しい扉だったりするので、生のお芝居ってこれが楽しいんだなと思って演じていますね。

――――そんな幅広く活躍中の青山さん。ラジオの『ルート930』では、「こんなところを聞いてほしい!」というポイントはありますか?

青山:初回の放送で、(番組構成作家の)正岡さんに「言葉の選び方とかが、どこか昭和っぽいよね」って言われて。知らなかった! 初めて言われました。デビューして6年目ですけど、知らなかった自分っているんだって。畑が違うと、見るところも全然違うんだなと思ったので、私の昔からのファンの方たちも、これを機に知らなかった私の一面を探してみるのもいいですし、初めて知った方は、私はどうやら昭和っぽいらしいので、そこも楽しみにしていただきたいです。

―――― 次回・1月18日の番組のゲストは、大友康平さん、バッファロー吾郎Aさん、家入レオさんが出演しますが……。

青山:ただ生きているだけじゃ絶対に触れ合えない、関わりのない方々にお会いするので、すごいな……。「声優ラジオ」って、みんなが自由にやっているように見えて、「声優ラジオ」っぽさがあったりするんですけど、今回は全然ルールが違うからすごく新鮮ですし、いろいろなことを持ち帰れるといいなと思って、次回も楽しみです。

――――2月1日までのアシスタント、改めて今後の意気込みを教えてください。

青山:すごく小さな目標ですけど、今は「吉能ちゃん」って言われているのを、みんなに「よっぴー」って呼んでもらえるように浸透させたい。「吉能」って言われるのも好きなんですけど、本当に生まれた時から「よっぴー」で、家族みたいに好きな呼び名なんです。あと、私の夢は、「オールナイトニッポン0(ZERO)」のパーソナリティを務めることです。夢はでっかくですから! 大きく出ました。誰かの心に刺さればいいなと思います。よろしくお願いします!

ラジオの楽しさを噛みしめて初回放送を終えたという青山さんは、デビュー当初を振り返りながら、地元・熊本への想いや今後の展望までを熱く語ってくれた。このあと2月1日まで毎週アシスタントを務めるラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」は、毎週土曜日13時から放送中。彼女の今後の活躍に目も耳も離せない。

 

取材・安田隆也(ニッポン放送NEWS ONLINE 編集長)
構成・赤石真菜

【プロフィール】
青山吉能(あおやまよしの)
5月15日生まれ 熊本県出身 81プロデュース所属
主な出演 「Wake Up, Girls!」七瀬佳乃役 「恋愛暴君」グリ役
「なつなぐ!」千葉いずみ役 「群れなせ!シートン学園」馬縞クロエ役
「きかんしゃトーマス」ニア役 ほか

関連記事(外部サイト)