ヤンキース田中将大が今年もジャッジ! 2020年ももクロの“推しメン”は誰?

1月12日(日)に放送された、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時〜22時30分)に、ももいろクローバーZの百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れに、そしてニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が出演。毎年番組で恒例の、“推しメン決定企画”の前半戦が行われた。

番組では毎年、田中投手をゲストに迎えて1年間限定の“推しメン”を決めるスペシャル企画を実施。2018年、2019年は2年連続で百田が推しメンとして選ばれており、実際にももクロのクリスマスイベントに足を運んだ田中が、「百田夏菜子 応援中」と書かれたグッズのたすきをかけていたそうで、百田は「会場で見つけてうれしかったですよ!」と田中投手に感謝。

推しメンの決め方は、メンバーが1対1の総当たりで「こんなシチュエーションだったら何と言うか?」という質問に答え、どちらの回答が良かったかを田中がジャッジ。結果、選ばれた回数が一番多かったメンバーが勝利し、2020年の1年間限定で、推しメンの称号を手にする。「いつも自分の名前を間違える会社の部長に、上手く間違っていることを伝えてください」というお題では、百田と玉井が対決。田中も会社の部長役として演技に参加した。

佐々木:それではまず夏菜子ちゃんからお願いします!

田中(部長役):『“森田くん!” ちょっといい?』

百田(部下役):『おおっと部長、“百田”です! 部長、い・つ・も!』

玉井:――普通にありそう!

高城:ありそう。自然。

百田:私、たぶん本当に言うだろうなっていうのを。1発目なのでストレートにね。森田をスルーすることはできるんですけどね。それか、森田になりきるパターンね。一生森田でいくっていうパターンもありますけど。

田中:そんなにパターンを喋ったら、あとの人(玉井)がやりづらくない? 潰すよねえ〜。

百田:あああ、そうですね、すみません!(笑)

田中:そんなに推してもらいたい?

玉井:あ〜、がめつい女!(笑)

高城:ガツガツ感が出ちゃうよね〜(笑)

百田:それはさ、推されたいじゃん! 1人でも多くの人に!

佐々木:アイドルの鏡だね。

玉井:これって他にパターンある? 捨て試合だなあ。

田中:これは先攻が有利だね。

佐々木:でも、マー君は可愛さが決め手とは限らないからね。そっち!? みたいな判断がよくある。

高城:そうそう。

田中:俺、変わっているから(笑)

佐々木:では、次に玉井さんお願いします!

田中(部長役):『“高井くん!” ちょっといい?』

玉井(部下役):『“玉井”ですけど、行きま〜す!』

百田:――ああ〜、なるほどね!

玉井:高井ではないですよ、ってことをさりげなく伝えてね。

百田:ありあり!

高城:自然だった!

玉井:関係性がわかんないけど、たぶんこういう風に言えちゃうと思うですよね。これ、れにちゃんが経験者で、よく『たかしろ』って呼ばれることがあるよね。

佐々木:音声さんがよく間違えているよね。

百田:でも、れにはけっこう成り切るよね。

高城:そう、私はそういう時に『たかしろ』に成り切るんだよね(笑)

田中:『たかぎです』って言いそうなのに。

百田:マー君だったらどうする?

田中:『田中』でどうやって間違えられるの?

高城:『でんちゅう』って間違えられるかもしれないじゃん。

田中:『でんちゅう』って間違える方が難しいわ!

この対決で勝ったのは玉井。この勝因について田中は「歯切れの良さというか、スッといったのが良かった」とコメント。次回1月19日(日)の「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」では、対決の後半戦の模様を放送。ももクロ4人の中から2020年の推しメンが決定する。

関連記事(外部サイト)