カウントダウンできない!? 銀シャリが明かす年越しライブでの珍事

1月16日(木)、お笑いコンビ・銀シャリの鰻和弘と橋本直がパーソナリティを務めるラジオ番組「銀シャリのほくほくマネーラジオ」(ニッポン放送・毎週木曜21時〜)が放送され、2人が昨年末に出演したカウントダウンライブで起きたハプニングについて振り返った。

今回の放送は2020年に入って初めての収録だということで、「今さら感がある」としながらも、年末年始に出演したイベントやテレビ番組について振り返った。

その中でも2人が印象的だった様子で話したのが、横浜・八景島シーパラダイスで大晦日から元旦にかけて行われた『ハッピーアイランドカウントダウン2020』での出来事。数千人にも及ぶ観客を動員した大盛況のイベントだったが、カウントダウンの瞬間に驚くべきことが起こったという。

橋本:(芸人たちが)ネタをして、カウントダウンをして、そのあとトークして…みたいなイベントだったんですけど。“カウントダウンライブ”って言ってるのに、カウントダウン用のデジタルの時計がないんですよ

鰻:モニターがなかったんですよ(笑)

橋本:ヤバくないですか? 年明ける5分前くらいに舞台上に出て、「じゃあカウントダウンしていきましょうね!」ってなったときに、「あれっ?」ってなって。みんな、「どれを見てカウントダウンしたらいいの?」って。で、後ろを見たらスタッフさんが、ヤバイヤバイみたいな感じになってて

鰻:うんうん

橋本:もう、そこだけじゃないですか、(年越しイベントで)用意せなあかんのって。で、僕らが会場の中から、「一番正確な時計を叩き出せる人いますか?」って聞いて、そしたらアプリでカウントダウン用に時計を取ってる人がいたんですよ。その少年を舞台上に上げて

鰻:連れてきたんやな、ほんまに時間分からへんから

橋本:「今10秒前です!」ってその少年が言ってくれて。それで彼のちっちゃいケータイを見ながら、「…2、1、0!」ってな(笑)

鰻:ステージセンターでな(笑)

橋本:もうわけ分からん(笑) 頼むよ〜!と思いましたね

カウントダウン直前に起きたハプニングを、観客と協力して乗り切ったという2人。時計は準備されていなかったが、カウントダウンのあとの大きな花火は用意されていたそうで、「あれはめちゃめちゃ綺麗だった」と話していた。

関連記事(外部サイト)