甲本雅裕、兄・甲本ヒロトとの兄弟仲を語る「裏山でよく遊んだ」

3月29日(日)俳優の甲本雅裕が、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時〜14時30分)にゲスト出演。実兄・甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)との少年時代の思い出を明かした。

戸田と甲本雅裕は、初めて会ってから20年ほどの仲で、作品では何度も共演。プライベートの話題では、兄・甲本ヒロトとの思い出を語った。

戸田:みなさんご存知かと思いますが、甲本雅裕さんのお兄さんは、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトさんですけが、岡山での子供時代、兄弟でどんな風に過ごしていたんですか? 他に兄弟はいらっしゃる?

甲本雅裕:いや、二人兄弟ですね。

戸田:子供の頃はどんな感じで過ごしたんですか?

甲本雅裕:家ではずっと部屋が一緒だったので、一緒にいるのがすごく嫌だったときがあるんですけども(笑)

戸田:それは物心がついてから?

甲本雅裕:そうですねー。中学生になっても高校生になっても、ずっと家にいるんで(家では一緒なので)、大学に出てたまに帰ってきてもずっと部屋にいるので、だから窮屈でしたけど。でも、裏山でよく遊んだり、兄貴の友達と僕が仲良くなるとか、よくありましたね。

戸田:お兄さんといくつ違いだったんですか?

甲本雅裕:3つ違いですね。

戸田:お兄さんって子供の頃はどんな感じなんですか? 私、一回だけ焼肉屋さんでお会いしたことがあるんですよ!

甲本雅裕:そうなんですか?

戸田:ご挨拶していただいたんですけど、とても大人しい感じで。当たり前だけど、ステージとは全然違うなと思って。

甲本雅裕:たぶん、それ以上に子供の頃は大人しかったですよ。じっとしているので、いるかいないのか分からないことがよくありました。

年頃になってからは兄の存在を鬱陶しく思うこともあったが、兄弟で仲良く遊んでいたと語った甲本。この他にも番組では、島根県ふるさと親善大使である甲本が島根グルメや、島根県を舞台にした主演映画『高津川』の見どころについても紹介した。

関連記事(外部サイト)