高島礼子主演映画『祈り』〜教科書には載っていない原爆の悲劇

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に女優の高島礼子が出演。2020年秋公開予定の主演映画『祈り』について語った。

高島礼子

黒木)毎日さまざまなジャンルのプロフェッショナルに話を伺う「あさナビ」、今週のゲストは女優の高島礼子さんです。秋から公開予定の映画『祈り』、長崎を舞台にした作品ということです。

高島)原作は、長崎出身の劇作家で亡くなられた田中千禾夫さんで、『マリアの首』という戯曲です。タイトルを『祈り』にして、戦後10年くらい経った昭和30年代の長崎を舞台にした、原爆被害とカトリックの信仰を描いた作品です。

黒木)とてもメッセージの強い作品のようにお見受けしますけれども。

高島)そうですね。被爆したマリア像を守ろうとするのですが、信仰というよりも「みんなで一緒に何かを成し遂げよう」という熱い話です。

黒木)これは実話ですか?

高島)実際にいらっしゃった方もいるのですが、フィクションです。私は看護師と娼婦という、2つの顔を持った役どころになっています。黒木さんは、いくつか同時の役をやったことはありますか?

黒木)あるような、ないような。ちょっと記憶にないですけれども。

高島)そうですよね。私もまったく違う2役の芝居はあまり経験がなくて、しかも、今回はもう1つの役が娼婦というのが、とてもプレッシャーで。

黒木)女神と悪魔というような、まったく違うので、逆に楽しめるのではないですか?

高島)楽しもうという意欲だけはあるのですが、実際、現場に行くと、「ちゃんとできているかな」と不安になってしまうのです。最終的には、楽しんだもの勝ちだと思っているのですが、今回はいろいろ悩みました。この作品を通して、初めて当時の被爆者の話を聞くことができて、真剣に演じなくてはと。

黒木)長崎には行かれたのですか?

高島)全長崎ロケなのですけれども、実際に魚雷を製造していた工場跡など、「普通こんなところで撮影しないだろう」という場所でロケをさせていただいたのが印象的でした。以前に別の番組で、日本に初めて西洋医学の病院をつくったポンペさんという方の特集で、長崎医科大学の方に取材させていただいたことがあったのです。そこで長崎の原爆の話を聞いたり、長崎原爆資料館にも行かせていただきました。こういうことは、縁がありますね。

黒木)呼ばれたのですね。

高島)呼ばれた感じがしました。

黒木)作品としては、メッセージの強いものですが、どういう思いで皆さんには観ていただきたいですか?

高島)真面目な作品ではあるのですけれども、「みんなで1つの目的を持って行動を起こせば、こういう成果につながる」という熱い思いを感じていただければと思います。あと、教科書には載っていなかった原爆について、何かを感じ取っていただければと思います。

黒木)2020年秋以降、全国順次公開予定です。

高島礼子

高島礼子(たかしま・れいこ)/女優

■1964年7月25日生まれ。神奈川県出身。
■会社員として働きながら、アマチュアレーサーとしてモータースポーツで活動。レース資金捻出のため、レースクイーンやモデルの仕事も開始。初出演のCMを目にした松平健さんに見いだされ、1988年、『暴れん坊将軍V』に出演。本格的に女優デビュー。その後、数多くの作品に出演。
■1996年には『陽炎2』で主演を演じ、以降、陽炎シリーズに出演。
■1999年からは『極道の妻たち』シリーズに主演。
■2001年、映画『長崎ぶらぶら節』で日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。
■映画・ドラマ・CM・舞台…幅広いシーンで活躍。テニスやゴルフが趣味。モータースポーツのA級ライセンスを取得。

関連記事(外部サイト)