小泉元首相は義理チョコを着払いで返した〜“贈り物”への潔癖さを杉村太蔵氏が明かす

元衆議院議員でタレントの杉村太蔵氏が、小泉純一郎元首相からの「教え」を明かした。

(2006年6月29日)White House photo by Paul Morse – whitehouse.gov, Official Visit of the Prime Minister of Japan

2005年の「郵政選挙」で80人以上誕生した新人議員「小泉チルドレン」の代表格として知られた杉村氏だが、現在はコメンテーターとして活躍中。6月16日(火)のニッポン放送「垣花正あなたとハッピー!」に生出演した杉村氏は、コメンテーターをする際の心構えとして「相手の立場にたって考えている」ということを意識していると語り、それがある人からの助言によるものだと明かした。

「小泉さんから教わりました。『お前が大臣だったらどういう答弁するか?』『社長だったらどうするか?ということを新入社員の時から常に考えろ』っておっしゃってましたね」

杉村太蔵氏 熊谷実帆アナウンサー 垣花正

番組パーソナリティの垣花正は、この考え方に賛同しつつ、「以前、新型コロナウイルスに関するコメントをしたときに、『僕が新型コロナウイルスだったら……』って話してて。そこまで相手の立場にたつんだって思って。でもその時は正直意味分かんなかったです(笑)」とコメントした。

小泉とアメリカ合衆国大統領ブッシュ(2006年6月29日)White House photo by Paul Morse – whitehouse.gov, Official Visit of the Prime Minister of Japan

また、小泉純一郎元首相について「お金にまつわるスキャンダルは潔癖な方だった」と振り返り、「ある女性議員がバレンタインに義理チョコレートを持っていったらしいんですが、それをわざわざ着払いで返したらしいんです。絶対にいただきものは受けつけない。それはすごいなって思いましたね」と述べた。

関連記事(外部サイト)