戸田恵子が焼きそばマニアに聞く「焼きそばの名店」と「おすすめのローカル焼きそば」

6月28日(日)、女優の戸田恵子がパーソナリティを務めるラジオ番組「戸田恵子 オトナクオリティ」(ニッポン放送・毎週日曜14時〜14時30分)が放送。戸田が「“マルちゃん焼きそば”を冷蔵庫に欠かしたことがないくらい好き!」、「ずっと家にいた間は(ステイホーム期間は)すぐ食べて、飽きないんですよね」と語るほどの焼きそば好きということから、 “焼きそば”を特集。これまでに、全国1000軒以上の焼きそばを食べ歩いた“焼きそばマニア”塩崎省吾さんに回線をつなぎ、都内にある焼きそばの名店や、おいしいご当地焼きそばについて聞いた。

■ぜひ味わってほしい! 焼きそばの名店 東京・神保町『みかさ』

メニューが焼きそばしかない、焼そば専門店です。行列ができていて、2〜3時間並ばないと食べられないのですが、こちらは本当に焼きそばの概念が変わると言ってもいいぐらいの、特別なお店ですので、是非行ってもらいたいです。焼きそばの味付けは、「ソース焼きそば」と「塩焼きそば」の2種類。そして、イカやエビをトッピングする・しないを選択できます。

■おすすめのローカル焼きそば 福島県の“浪江焼きそば”

福島県双葉郡浪江町にある、ご当地焼きそばです。ソース焼きそばで、一番の特徴は麺の太さです。うどんのように太くて、具は、もやしと豚肉を使うのが定番のスタイル。すごくシンプルで、麺とソースの味を味わう感じの焼きそばです。いまはネットでお取り寄せもできますので、一度食べてみてほしいですね。

■『マルちゃん焼そば』がさらにおいしくなる作り方

・電子レンジで温める
マルちゃん焼きそばの公式サイトを見ると、「麺を冷蔵庫から取り出したら、電子レンジで30秒温めると、簡単にほぐれるようになる!」など、さらにおいしく食べるためのアドバイスがいろいろ紹介されていますが、これは私も必ずやっています。水を加えて作るよりも焼きそばが水っぽくならないし、蒸したてのもちもち感が出る気がします。

・麺と具を別々に焼く
焼きそばは“焼きそば”というぐらいなので、麺にしっかりと焼き目を作るというのを、僕はしています。麺自体に焦げ目がついた上で他の具と一緒に炒めると、麺にカリッとした感じの部分ができておいしいです。ただ、マルちゃん焼そばのいいところは“手軽さ”というところなので、わざわざそこまでやらなくてもいいとは思います。

関連記事(外部サイト)