三四郎・小宮「単独ライブも近いのに何をやってるんだよ!」YouTubeに熱を注ぐ相方に呆れる

6月26日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時〜)が放送。相田が自身のYouTubeチャンネルである「しゅーじまんチャンネル」のプロジェクトとして、オリジナルソングを制作したことを明かした。

先日、ラッパー・R-指定とターンテーブリスト・DJ松永によるHIP HOPユニットCreepy Nutsと、俳優の菅田将暉によるコラボ楽曲「サントラ」を聞いたという相田は「めちゃくちゃ良い曲」と絶賛。そして、自身も歌を届けたいと思い、オリジナルソングを作ったと語った。

相田:歌をみんなに届けようかなっていう。

小宮:何、何? どういうこと?

相田:(ユーチューバーの)しゅーじまんとして、歌を届けようかなと思ったのよ。

小宮:YouTubeで? 歌を歌ったの? “歌ってみた”っていう感じ?

相田:歌ってみたじゃない。オリジナルソングを作ったの。

小宮:オリジナルソングを作った? 何をやってるんだよ!単独ライブも近い(※7月31日)のに何をやってるんだよ!

相田:ははははは(笑)

小宮:どれぐらいのクオリティーのやつなの?

相田:1からね。(しゅーじまんチャンネルの)動画投稿を1週間、お休みしてたじゃない?

小宮:うん。

相田:その間にいろいろと考えて。新しいことをやろうみたいなことは言ってたけど。実はね、曲の制作期間だったんですよね。

小宮:曲を作ったの?

相田:そうそうそう! 新しいことをやりたいって言っていたのを、みんな知ってたと思うけど。YouTubeでも言ったからね。

小宮:いや、知らないと思うけどね。新しいことをやりたいなんて。YouTubeを見てたらわかるの?

相田:そうそう、YouTubeを見たら。

小宮:みんながみんな、見てると思うなよ。リスナーがみんな、見てるわけじゃないからな。

相田:で、楽曲制作をしまして。楽曲ができました。

小宮:音楽とか、あんまりできないよね? やってる所も見たことないけど。

相田:うん。しゅーじまんプロジェクト第2章が始まります! で、曲もできたんで、どうしようかなと。ボイトレに行ってね。

小宮:ボイトレに行ったの? ガチで?

相田:やっぱり歌をさ、みんなに届けられるぐらいのレベルにしないといけないわけじゃん?

小宮:別にアーティストじゃないわけだからさ。どういうこと? 話すのが下手? 何これ?何がなんだかわらないぞ。

相田:とりあえず、歌はできた。できたから、俺はボイトレに行って。みんなの前で中途半端な状態でやりたくはないから。しゅーじまんとして、ボイスを鍛えないと、いけないんですよ。

小宮:お笑いのためにね、ボイトレに行くのならわかるけど、芸人だし。

相田:ははははは(笑)

ボイトレは、歌手の青山テルマなどを育てた先生から受けたという相田。その様子を動画撮影したところ、カメラのアングルが悪く、先生は一度も映っていないと嘆くも、レッスンのおかげで高音が喉を傷めないで出るようになったと報告した。さらに、そのボイトレ後、すぐにレコーディングを行ったことを明かすと、小宮から「なんだよ。何回かやればいいじゃん、ボイストレーニング! なんで焦っちゃうの!? もう行かないじゃん!」とツッコまれてしまう。すると相田は「いやいや、高い声が出るようになったから」とリアクションした。

関連記事(外部サイト)