“黒崎検査官”片岡愛之助が明かす『半沢直樹』の“顔芸”秘話「役者が楽しんでやってる部分もありますね」

歌舞伎俳優・片岡愛之助が9月12日(土)のニッポン放送『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』に出演、ドラマ『半沢直樹』(TBSテレビ系)の撮影裏話を明かした。

「証券取引等監視委員会事務局 証券検査課 統括検査官の黒崎ですっ!」と、『半沢直樹』のおなじみのセリフで登場した愛之助。さっそく、黒崎駿一役を演じる同作の撮影の“裏話”で盛り上がった。

石川みゆき(番組アシスタント):見てる方も力入ります。あの“顔芸”は、たまらないですね。

愛之助:なんで“顔芸”って言われるんでしょうね(笑)。僕らもそんな意識してなかったんですけれども、なんだか、やり始めたらそうなってしまってるんですね。第2弾はすごくそれを期待されまして、「どうしようかな……」みたいな感じになってましたけど(笑)

徳光:あれは演出なんですか

愛之助:演出の部分もありますけど、役者が楽しんでやってる部分もありますね

徳光:ああ、やっぱりそうなんだ

愛之助:はい。

徳光:それで、「これだ!」っていうことを、むしろ演出家が発見したってことなんですかね

愛之助:そうじゃないですかね

徳光:歌舞伎の方の“顔芸”というのが、いかに素晴らしいかっていうことを

愛之助:そうですね。僕らが楽しんでやらせていただいておりますし、やはり監督の方も、もっともっとみたいなとこありますし

石川:笑わないでよくできますね

愛之助:役者ですからね。プロですからそこは。でも、「カット!」ってかかると爆笑するときもあります(笑)

徳光:あの長ゼリフっていうのは、ドラマですから、何度も何度も撮るんですか

愛之助:そうなんですよ。本当に特に撮り方というのは、長回しでその部分だけではなくて最初から最後までとりあえずやるんですね

徳光:あ、そうなんだ

愛之助:ですから一瞬の顔を抜くだけでも、そのシーンも最初っからやるんですよ。ずーっと。ですから何回も何回も何回も何回も何回も、本当に1シーンでも20回以上撮ります。

妻・藤原紀香と一緒に『半沢直樹』を見て、モノマネをしたりしていることも語るなど、仲睦まじい結婚生活の様子も明かした愛之助。

徳光は、愛之助・紀香の結婚式の司会を務めたという深い縁があるが、愛之助は司会を依頼するにあたって、徳光の自宅に直接“お願い”に行ったという衝撃のエピソードも明らかになった。

関連記事(外部サイト)