ナイナイ・矢部、終了する「やべっちF.C.」への思いを語る! 岡村は「次、始まる時は俺も横におるやろうし」

9月17日(木)深夜、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之がパーソナリティを務めるラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時〜)が放送。矢部が、9月末で終了すると発表されたサッカー情報番組「やべっちF.C.」(テレビ朝日系)への思いを語った。

2002年4月に始まった「やべっちF.C.」は、国内外のサッカー情報や、選手の素顔に迫った企画などが人気の番組。選手らがMCの矢部に対して「ハーイ!やべっち」と呼びかける掛け声はサッカーファン以外にも浸透していた。

矢部:私事なんですけど、『やべっちF.C.』が9月一杯で終了するということで。

岡村:そうですね。お疲れ様でした。18年?

矢部:18年半。正直な話、これをやっと言えると思って。終了をちゃんと公表したので、やっとしゃべれるなと。ラジオでも、何週も悶々としていたというか。

岡村:そうか、そうか。

矢部:終わるのか、終わらないのか……みたいな報道も出ていましたから。

岡村:そうね。1回、なんか出て。いや、まだ続きます……みたいな、そんな感じにもなってたし。

矢部:そうそうそう。

岡村:俺も何回か出させてもらいました。(ワンコーナーの)“おかっちF.C.”をやらせてもらった。

矢部:そうなんですよ。本当にありがたいなと思いまして。長い事、やらせてもらって。

岡村:めっちゃサインをもらったんじゃない? 色んな人の。

矢部:めっちゃもらった。

岡村:ええな〜。

矢部:あと、スーパースターともお会いしましたし。で、『終わって欲しくない』ってね……。

岡村:サッカー選手の皆さんは、『終わるのが寂しい』って言ってね。

矢部:(SNSで)『存続希望』って拡散してくれたりね。本当にありがたいなと思いまして。(僕は)SNSをやってないのでね。やってたら、皆に伝えやすいんですけど。この場を借りて……本当に皆さん、ありがとうございました。まあ、まだ9月一杯まであるんですけども。本当にありがたいなと思っているのが、僕、日本代表が出場したワールドカップを全部、見に行けてるんですよ。

岡村:それが、うらやましいわ。

矢部:でも、2002年からは番組(『やべっちF.C.』)を通して行かせてもらったんですけど、初めて日本代表が出たフランスワールドカップには“ぐるナイ” (日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』)で我々は見に行ってますから。一発目はぐるナイなんですよ。98年は。

岡村:あ! そうや。

矢部:海外のどこに行っても日本人のサポーターが『やべっち、やべっち』って言ってくれて。サッカー選手も『やべっちF.C.に出たい』って、言ってくれて。あとサッカーに興味が無い人もやべっちF.C.は見てくれたとか。本当にありがたい。

岡村:そうやな〜。

矢部:ウチのマネージャーは甲子園球児やけど、『野球は見ないけど、やべっちF.C.は見てました』とか。そうやって、サッカーをやってなかった人間とかも興味が無かった人も、好きにさせてくれたって言われてて。ありがたいな〜と思ってたのね。で、ある人に言われて、『俺、まだまだ頑張らないとアカン』と思ったことがあって。

岡村:うん。

矢部:それが先週、ゲストに来てくれた出川哲朗さんなんですけど。ホンマに言われたんですけど、『やべっち、あれどうなるの? 色々と言われてるけど、どうなるの?“やべっちファクトリー”』って言われて。

岡村:ふふふふふ(笑)。工場!?

矢部:“やべっち工場”になってて。いやいや、フットボールクラブやから。

岡村:絶妙な間違い方をするね。

矢部:Fとかなんかな!? なんとなく、感覚で覚える人やから。俺、衝撃を受けて、やべっちファクトリーって(笑)

岡村:あの人はたぶん、やべっちF.C.を見た事がないんじゃない? 野球が好きでヤクルトファンやからな。

矢部:だから、出川さんに覚えてもらって本物やなと僕は思ったので。まだまだ頑張らないとアカンなと思います。出川さんに認められて、本物の番組です。

岡村:ホンマや。次、始まる時はな、俺も横におるやろうし。

矢部:そうなの!? おるの?

岡村:俺もサッカー部やから。

やべっちF.C.の存続を願う声が各方面から届いたことから、感謝を述べた矢部。

サッカーファン以外の視聴者も多かった為、番組の認知度は高いと思っていたが、出川に番組名を間違われたことで、「まだまだ頑張らないとアカン」と語った。

関連記事(外部サイト)