山口ひろみ「通天閣の色で天気がわかる」〜白は晴れ、青は雨、赤は曇り……ピンクは?

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

ニッポン放送のイマジンスタジオから素敵なゲストをお招きしてライブショーをお届けする『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜朝5時30分〜/司会:中山秀征・アシスタント:石川みゆき)。11月8日(日)のゲストは、三船和子さん、山口ひろみさん、水雲-MIZMO-の皆さんです。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

オープニングに『古い珈琲屋』(朱里エイコ)を披露した山口ひろみさん。

「朱里エイコさんの『北国行きで』をライブでよく歌っていたんです。そうしたらマネージャーさんから『こんな歌もあるよ』と教えていただいたのが『古い珈琲屋』でした。とっても素敵な歌なので、新曲にもボーナストラックにも収録しました」

新曲『悲恋半島』はDVD付きも発売されていて、岡千秋先生のレッスン指導があって、山口ひろみさんが生徒役で出演されています。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

お国自慢コーナーでは、出身地の大阪の通天閣をご紹介いただきました。

「私は通天閣を見ながら育ったんです。通天閣の先端にあるライトの色で、翌日の天気がわかります。白は晴れ、青は雨、赤は曇り、レアなピンクは雪なんです。この近くにあるオススメのお店は、お好み焼きの『かえで』さんです。ホルモン焼きも美味しいので、大阪に帰ると、よく寄るお店です」

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

懐かしの昭和歌謡で『北の蛍』(森進一)を披露した水雲-MIZMO-の3人。この曲は、3月25日に発売された「歌謡抄〜水の巻<二>〜」にも収録されています。

「コロナ自粛中は、テレビ電話でコーラスの練習をしたんですが、微妙に時差があって声がズレるので、それぞれ自主トレをして励みました」

新曲『松竹梅』は11月18日の発売前に番組で披露していただきました。デジタルシングルは11月6日に先行配信しています。カップリングは川越を舞台にした『小江戸捕物帖』を収録しています。

ニッポン放送「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪」

デビュー55周年を迎えた三船和子さん。デビュー3年目、交通事故で喉を痛めて、やむなく歌手を引退。その引退から14年後に『だんな様』で再デビュー。これが100万枚の大ヒットに!

「当時34歳、この曲のおかげで、55周年を迎えることができました」

新曲のデビュー55周年記念曲『幸せは ホラ…』は、『だんな様』と同じ、岡千秋先生の作曲。「テンポのいい曲なので、振りもつけて歌っています。55周年をこの歌で頑張りますので、皆さん、よろしくお願いいたします」

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため無観客で収録しました。公開録音を再開する際には、番組内、ホームページ上で改めてお知らせいたします。

 

<<三船和子さんの情報>>
*11月28日〜12月9日まで、三重県の長島温泉 湯あみの島で「三船和子歌謡ショー」を開催。

○三船和子さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://mifunekazuko.com

<<山口ひろみさんの情報>>
○山口ひろみさんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://www.kitajima-music.co.jp/hiromi/

<<水雲-MIZMO-さんの情報>>
*11月23日(月) ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演。
*12月20日(日)「水雲-MIZMO- X’mas Dinner Show 2020」(浅草ビューホテル)

○水雲-MIZMO-さんの詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://www.mitsui-ag.com/mizmo

関連記事(外部サイト)