水溜りボンド・カンタ、悔し過ぎて「あんまり話してない話」 疎外された時代も経験していた

10月29日(木)深夜、YouTuber・水溜りボンドのトミーとカンタがパーソナリティを務めるラジオ番組「水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時〜28時30分)が放送。4年前の2016年に行われたYouTubeイベントでの、悔しい思い出を明かした。

同番組初のイベント『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO) リスナーアミーゴ フェスティバル』が、来年2021年1月10日(日)、東京国際フォーラム・ホールAで開催される。大きな会場での開催に、トミーとカンタは喜びを語っていたが、実は4年前に行われた『YouTube FanFest』で、ホールAのステージに立っていたという2人。『YouTube FanFest』とは、YouTube上で高い人気を誇るクリエイターやアーティストと、そのファンが集う祭典だが、そこで苦い経験を味わっていたと語った。

カンタ:実は、水溜りボンドは東京国際フォーラムに思い入れがありまして。でも、YouTubeでもあんまり話してない話なんですよ。

トミー:まあ話しづらかったりしてね。

カンタ:僕ら2人、ちょっとだけ東京国際フォーラム・ホールAに立ったことがあるんですよ。2016年、今から4年くらい前に『YouTube FanFest』というイベントが行われて。このイベントは、1年間、YouTube上で活躍した人の中から10組ぐらいに声がかかって、アワードみたいな。

トミー:その年の顔がね。

カンタ:レッドカーペットを歩いたりね、凄くかっこいいイベントがあるんです。当然、YouTuberからしたら夢で、『ファンフェスにいつか出たい!』みたいな。

トミー:うん。

カンタ:2016年は、ピコ太郎さん、エグスプロージョンさん、RADIO FISHさん、YouTuberからはHIKAKINさんや、はじめしゃちょーさんとか、選ばれし者しか呼ばれないものなんですけど、ありがたいことに僕らも声をかけてもらったんです。

トミー:その年、初めてね。

カンタ:その前から僕らは「いつか出たい!」って言っていたから、ファンの方にもめちゃくちゃ喜んでもらえて。

トミー:YouTubeをやるからには、そこに出たいもんね。

カンタ:そうそう。当日のリハーサルでも感動して。初めて、ステージから5,000人の客席を見て。

トミー:僕ら、その時はまだぜんぜん大きい所でやれていなかったから、こんな広い所にお客さんが入るってすごいな、って。

カンタ:YouTube、すげー! みたいな。ただ、僕らが出たのは、ピコ太郎さんの楽曲『PPAP』の後ろで踊る役で。バックダンサーみたいな。1分もないくらいだったけど、それでもめちゃくちゃ嬉しくて。イベントもすごく盛り上がって、最後、今日の出演者が全員集合しますっていう時に、僕らだけ、本当に僕らだけ声をかけられなかったんですよ。

トミー:そうなんだよね。フィナーレですよ? 最後に全員集合! っていう時に、「水溜りさんは大丈夫です」みたいな。

カンタ:ピコ太郎さんの後ろで踊っていた他の人たちは、自分達のコーナーを持っていたんですよ。

トミー:そうだね。

カンタ:僕らだけ後ろで『PPAP』をやるだけで。みんな同じ楽屋で、さっきまで一緒に話していたんですよ。憧れのHIKAKINさんとかに「今日よかったね!」みたいな。でも、最後にみんなステージに移動して行ったから、楽屋に僕とトミーだけが残されて。

トミー:2人ぼっちにね。最後、舞台袖から見ていたよね。

カンタ:見てた。めちゃくちゃ悔しかった。

自分たちだけがフィナーレのステージに呼ばれず、悔しい思いをしたというトミーとカンタ。楽屋に自分たちだけ取り残され、肩身も狭く、イベント終了後は早めに帰宅したという2人。

しかし、来年1月には、当時と同じ東京国際フォーラム・ホールAで、自分たちの番組イベントが開催されるまでになったことに、カンタは「あの時の自分たちを笑顔にさせようよ。あの悔しかった楽屋を思い出そうよ」と番組イベントへの意気込みを語った。

関連記事(外部サイト)