大竹しのぶ、デビューのきっかけは「フォーリーブスに会いたくて」

女優の大竹しのぶが、ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」(10月26日放送)に出演し、デビュー当時の意外なエピソードを明かした。

大竹は、1973年に放送されたテレビドラマ『ボクは女学生』(フジテレビ系)の一般公募に合格し、芸能界デビュー。同ドラマで主演を務めた「フォーリーブス」の北公次さんのファンだった大竹は、「コーちゃんに会えるかもしれない」という思いから、北さんの相手役を決めるオーディションに参加。ところが、現場では驚かされることが多々あったという。

大竹:それで受かって、次の日から「撮影に来い」って言われて。

高田:じゃあ、すぐ決まっちゃったの? 相手役。

大竹:5300人の中から。でも、全然相手役じゃなくて、その他大勢で。

高田:え〜!すごいね。その他大勢でそんなオーディションするんですか。

大竹:宣伝でしたんでしょうね。そしたら撮影所は初めてだし、きったないなと思って。

高田:汚いとか言わないで(笑)。

大竹:それで、コーちゃんに会えました。そしたらすごく静かな方でした。ジャムパンを食べてた。

高田:よくわかりましたね。

大竹:ジャムパンを食べてるのが、なんかショックだったんです。

高田:なんで? 「フォーリーブス」が食べちゃいけないって?

大竹:そうそう!

松本:スターだから?

高田:なんで庶民の私たちと同じもの食べてるんだと? そりゃ、ジャムパンも気の毒だよ。食べさしてあげなよ。

大竹:でもすごく優しくていい人でした。

芸能界デビューの意外なきっかけを明かした大竹だが、実は幼少期から空想することが好きで、小学生時代にはシェイクスピアを愛読するなど、芝居に傾倒していたという。これには高田も「根っからお芝居が好きなんですね」と納得の様子を見せていた。

関連記事(外部サイト)