乃木坂46・山崎怜奈「私、めんどくさいんですよね」 アクの強い“ラジオ愛”滲み出る

2月16日(火)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時〜)に、乃木坂46の山崎怜奈が急遽出演。大のラジオ好きとして知られる山崎が、『ミューコミプラス』が3月25日の放送を以って最終回を迎えることを受けて登場し、熱いトークを繰り広げた。

今回山崎が出演に至ったきっかけは、TOKYO FMで放送中のラジオ番組『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(通称・ダレハナ)での一幕。『ミューコミプラス』最終回の知らせを受けての思いを山崎が番組の中で語り、TOKYO FMの番組で“他局”にあたるニッポン放送の番組の最終回話が飛び出すという珍しい事態となった。

『ダレハナ』では、ラジオ好きの山崎らしいトークが度々話題に。アフタートーク配信の『#あのラジオがすごい』では、第1回で『ナイツ ザ・ラジオショー』(ニッポン放送)を紹介したことがきっかけで、その番組との連動企画が実現。ロケバス内で『ダレハナ』をたまたま聴いていた有吉弘行が、JFN『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』にて「しっかりとしたパーソナリティの人がやっているから、坂上みきさんみたいなベテランの人かと思ったら、乃木坂の人だって言うんだよ。」と評したというエピソードもある。

先日は『ミューコミプラス』のパーソナリティである吉田尚記アナウンサーが『ダレハナ』に出演したが、今度は山崎が吉田の番組に登場。最終回告知を行った回の『ミューコミプラス』を聴き、その後吉田が思いを綴ったnoteまで読んだという“ヘビーリスナー感”たっぷりで語り始めた山崎だが、トーク中では山崎の“めんどくさい”一面が明らかとなった。

山崎:(番組の中で)「Twitterはラジオだ」とか「推しって最終的に生きていればいい」とか、あと「菌類はポップ」とか意味分かんない名言出してますよね?

吉田:「菌類はポップ」?(自分の言葉として)言いそうですが、全部を自分で覚えていません(笑)

山崎:あたしも箇条書きにしてるんで、あんまり全部覚えてないんですけど

吉田:なんでメモるんですか!? そんなの!(笑)

山崎:好きな言葉メモるのクセなんですよ

吉田:……改めて思うんですけど、やっぱり山崎さんって、ものすごくラジオに向いてるのよ

山崎:ほんとですか?

吉田:やたらめったら好奇心が強い上に、ちょっとめんどくさいってところが向いてるんですけど

山崎:(笑)バレました? そうなんです。私、めんどくさいんですよね

吉田:いや、でもめんどくさいのって、ラジオだとプラスだって思うことないですか?

山崎:いや、でもお昼のFM(『ダレハナ』)に関しては、あんまりアクを出しすぎない方がいいなと思って頑張ってます

吉田:知ってますか? アクって出すものじゃなくて、出てくるものなんですよ(笑)

山崎:確かに。出ちゃう〜(笑)

本人でさえ忘れている番組中の何気ない発言1つ1つに興味を持ち、次々と掘り返す“面倒くさい”山崎に、吉田も思わずタジタジに。このほかに、大先輩である吉田にラジオ番組が長続きする秘訣を聞いたり、吉田の考えや発言から学びを得ようとしたりと、山崎のパーソナリティとしてのラジオ愛が垣間見える一幕もあった。

関連記事(外部サイト)