相席スタート・山ア「友達が1人もいなかった」 大学の暗黒時代を語る

2月27日(土)、お笑いコンビ・相席スタートの山アケイと山添寛が、ラジオ番組「サタデーミュージックバトル 天野ひろゆき ルート930」(ニッポン放送・毎週土曜13時〜)に出演。山アが、学生時代の驚愕エピソードを明かした。

相席スタート・山アケイ、山添寛

番組冒頭では、“ギャンブル好き”で知られる山添が、相方の山アに220万円の借金をしていた裏話を赤裸々に告白。意外なエピソードはこれだけでなく、早稲田大学出身の山アは、「大学の卒業式に出席しなかった」という、切ない思い出も明かした。

山ア:大学4年間で友達が1人もできなかったんですよ。

天野:え!?

山ア:友達がいないと、卒業式って出てもしょうがないじゃないですか。

天野:友達がいないってどういうこと!?

山ア:話しかけられたら友達になろうと思ってたんですけど、誰も話しかけてくれなくて。

天野:なんで? そんなに怖いオーラもないじゃない。

山ア:そうなんですけど、ちょっと尖っていたというか。

相席スタート・山アケイ、山添寛

山添:今でこそ柔らかい雰囲気なんですけど、僕もコンビ組む前の後輩先輩のときは、怖いオーラがピンピンありましたよ。

天野:あ、そうなの?

山ア:ちょっと「話しかけるな」みたいな雰囲気が出ちゃってたのか、大学で、本当に1人でお弁当を食べてた。すると、こう、思想に偏りのある人が声をかけてくださって。「一緒にデモ運動しよう」みたいな。

天野:「そっちのグループかな」みたいな、「強い志が何かあるのかな」って?

山ア:って思われてたんですよ。

天野:早稲田もなかなかパンチのある同好会があるもんね。

山ア:結構あるんで。それで、当時、TBSの「ジャスト」っていう情報番組があって。その最終回がちょうど卒業式の日だったんですよ。だから三雲(孝江)さんと安住(紳一郎)さんが泣いてるとの一緒に「私も卒業だ」って泣いて。それで私の卒業式は終わりです。

天野:「ジャスト」とかニュース番組をそんな気持ちで見てる人いないと思うよ。

山ア:私も一緒に卒業しますって気持ちで見てました。

大学在学中に1人も友達ができなかったため、卒業式には参加せずに自宅で1人涙を流していたという山ア。

天野ひろゆき、相席スタート・山アケイ、山添寛、宮島咲良

一方で天野は、高校時代に無遅刻無欠席だったにも関わらず、尾崎豊の影響を受けて卒業式に参加しなかったことを回顧。「なんでそのタイミングで感化されたんですか!?」と、これには山添も驚きを隠せない様子だった。

関連記事(外部サイト)

×