菅田将暉の「スペシャルな演出」誰もが見習うべき

6月17日(日)、ニッポン放送「高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと」が放送され、パーソナリティの高橋みなみと朝井リョウが、リスナーから送られてきた番組の改善点に関する意見を読み上げる中で、「菅田将暉さんを見習ってはどうか?」という意見に対し疑問を呈する場面があった。

今回はスペシャルウィークということで、高橋行きつけのお店『ステーキハウス リベラ 目黒店』より放送された。これは以前番組の中で、「番組がスタートしてからの一年半、これまで一度も番組出演者やスタッフで食事会をやったことがない」といった話が出たのを受け、それならば二人で食事をしながら放送してみようということで実行された企画で、二人でステーキを食べつつトークをするという異例の放送となった。

そして、ステーキを食べながらトークする中で、以前からリスナーから募集していた“番組に対する改善点”についてのメールを読み上げていくことに。しかし思いのほか痛烈な意見が届き、二人を驚かせた。

朝井:(メール)「高橋さん、朝井さん、こんばんは。番組の改善点ですが、スペシャルウィークそのものだと僕は思います」

高橋:えっ・・・ちょっと待って、痛烈なんだけど。

朝井:「ニッポン放送のほかの番組を聴いていると、大変素晴らしいスペシャルウィークをやっている番組が多く見受けられます。ヨブンのことは奇をてらいすぎです。菅田将暉さんは、自身のオールナイトニッポンで三四郎さんをゲストに呼び、その前の週には公開収録をお届けするというスペシャルっぷり。ぜひ見習ってみてはいかがでしょうか?」っていうことが来てますよ。

高橋:え、何?奇をてらっちゃいけないの?

朝井:奇をてらっちゃいけないっていうよりは、奇をてらっているつもりでセンスがないよってことが言いたいんじゃないですか、この人に関しては多分。

高橋:待って、朝井さんキレてない?(笑)

朝井:奇をてらえばいいってもんじゃないよってことを、言ってくれてるんじゃない?

高橋:え、だってさ、真っ当に勝負してどうすんのって話でしょ?やる?公開収録。

朝井:ムリムリムリ。

高橋:菅田将暉さんゲストに呼ぶ?まず来ないよ。

朝井:まず菅田将暉さんと、喋ることないしね。ないしねとか言ったらアレだけど(笑) 菅田将暉さんにかしずく私たちをみんな聞きたいのか?って話ですよ。

高橋:そうだね。

朝井:どうせ私たちが菅田将暉さんを前にしたら、(しゃくれながら)「休みの日とか何してるんですかぁ?」とかしか聞けないわけですよね。

高橋:いやいやいや、アゴ出てるから(笑)

自分たちとは系統の違う菅田将暉を見習えとの助言に、思わず首を傾げた2人。しかしステーキを食べながらクレームのようなメールを読むだけの今回のスペシャルウィークは、2人にとっても納得いくものではなかったようで、強気に疑問を呈していた朝井も番組終盤には「痛烈な意見をいただいたあとにお送りしていたとは思えないクオリティ。びっくりですよね…」と反省している様子だった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送『高橋みなみと朝井リョウ ヨブンのこと』
放送日:2018年6月17日(日)22時30分〜23時
パーソナリティ:高橋みなみ、朝井リョウ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180617223000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/yobunnokoto/

関連記事(外部サイト)