ゆず、収益金全額を西日本豪雨災害支援に!配信シングル「うたエール(弾き語りバージョン)」急遽リリース決定!

人気デュオ・ゆずが、西日本豪雨災害を受けて、7月20日(金)に、配信シングル「うたエール(弾き語りバージョン)」を急遽リリースすることが決定した。

ゆずは災害発生時、全国ツアー<YUZU ARENA TOUR 2018 BIG YELL>広島公演のため、広島に滞在。被害の規模や公共交通機関の混乱、ファンの安全を最優先とし、7月 7日(土)・8日(日)に開催予定だった広島グリーンアリーナ公演は中止となった。

横浜に戻ったゆずは、すぐに話し合いを行い、ゆずとしてなにができるかを考えた結果、歌で支援を行うことを決意。最新アルバムから、“エール”と名のついた楽曲「うたエール」をセレクトし、北川悠仁、岩沢厚治の2人だけによる弾き語りバージョンをその日のうちに緊急レコーディング。

元々弾き語りアレンジはなかったため、スタジオ内でアレンジやコーラスワークをゼロから組み立て、想いを歌に乗せ、配信スケジュールの最速である7月20日(金)のリリースが決定した。

「うたエール(弾き語りバージョン)」は、iTunes store、レコチョクほか主要配信サイトにて販売。収益金の全額を、西日本豪雨被害への支援金として寄付する。寄付金額や寄付先は、追ってゆずオフィシャルサイトにて報告される。

今回の発表にあたり、ゆずの北川悠仁と岩沢厚治は、下記のようにコメントを寄せている。

『はじめに、このたび発生した西日本豪雨被害において、被災者の方々のご無事を祈るとともに、亡くなられた方々のご冥福を心より お祈り申し上げます。

災害が起きたとき、僕たちゆずは全国ツアーの広島公演前日で、 広島に滞在していました。楽しみに待ってくれているファンの皆さんのために、なんとかライブができないかと考えましたが、自分たちの想像を超える大きな被害状況や公共交通機関の混乱、そしてなにより、お客様の安全を最優先し、ライブは2日間中止とさせていただきました。

滞在先から報道を通じて、広がっていく被害の大きさを目の当たりにし、とても苦しく、悲しい気持ちになりました。同時に、自分たちになにかできないかをずっと考えていました。そして湧いてきたのは 今までもそうであったように、“歌”で皆さんにエールを、支援を贈りたいという想いでした。

横浜に戻り、すぐにゆずで話し合いを行いました。そして、「うたエール」という楽曲を、ゆずの原点である弾き語りで再びレコーディングし、皆さんにエールを贈る、という形を選びました。

2人だけの歌と演奏に、いまの想いをすべて込めました。この配信楽曲の収益金は、復興支援のためのお役に立てるように、全額寄付します。寄付金額や寄付先についても、改めてご報告させていただきます。

僕たちの歌が、皆さんのこれからの復旧・復興のエールになりますように。』

2人の想いを込めた楽曲「うたエール(弾き語りバージョン)」は、7月20日(金)AM0:00より、iTunes store、レコチョクほか主要配信サイトにて販売される。

楽曲概要

楽曲名:うたエール(弾き語りバージョン)
【詩:北川悠仁 曲:北川悠仁・蔦谷好位置】
配信期間:2018年7月20日(金)AM0:00〜2018年12月31日(月)23:59
配信サイト:iTunes Store / レコチョク / mora / music.jp / dwango ほか

関連記事(外部サイト)