人気DJ&ラッパーが語るヒップホップ業界あるある「絶頂期に引退宣言」

9月18日(火)深夜、ラッパーのR-指定とターンテーブリストのDJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)で、ヒップホップ業界では絶頂期に引退宣言をすることが、よくあることだと明かした。

この日の放送では、ヒップホップ業界においては何かスキャンダルを起こすなど、悪いエピソードを持っていた方が箔が付くが、自分たちは過去に何も悪いことをしていないので、アーティストとして大きなハンデを背負っているという話題に。その中で、ヒップホップ業界では、キャリアの絶頂期に引退をほのめかすという慣習があるという話で盛り上がった。

R-指定:ヒップホップ業界にはよく、“引退宣言詐欺”ってのがあるんですよね

DJ松永:ありますね。特に海外に多いのかな?

R-指定:そうそう、海外のラッパーはある程度成功したらすぐ「引退する」って言うんです。それも絶頂期の時に言うんですよね「もうやりきったから引退しようかな」って。引退してプロデューサー側に回るって言って、結局は全然引退せず、半年後にはアルバムを出している

DJ松永:普通に自分の作った曲をリリースしてね(笑)

R-指定:「6ix9ine」っていうアメリカのラッパーも、俺たちより全然若いんですけど、活動して2〜3年かで「見たい景色全部見れたし、もう引退しようかな」って言ってるんですよ

DJ松永:俺たちもこのラジオで数週間前にそういう冗談言ったよね(笑)

R-指定:言った! でも6ix9ineはマジで言ってるの!

DJ松永:本当に俺たちが同じ冗談言ったの恥ずかしくなってくるね

R-指定:規模の違いというかね

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:2018年9月18日(火)27時〜28時30分
パーソナリティ:Creepy Nuts(R-指定、DJ松永)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180919030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/creepynuts/

関連記事(外部サイト)