人気ラッパー・R-指定が主張する、「ラッパー」と「遅刻」の深い関係性

9月25日(火)深夜、ラッパーのR-指定とターンテーブリストのDJ松永による音楽ユニット・Creepy Nuts(クリーピーナッツ)がパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送)で、ラッパーの遅刻事情について明かされた。

以前から番組内で夜型の生活をしていて遅刻が多いと語っていたR-指定だが、この日、朝8時入りの仕事があり、15分遅刻をしてしまったという話題に。DJ松永がその件について詰め寄るも「8時15分はまだ8時」というめちゃくちゃな理論を展開し、DJ松永を呆れさせる事態に。そしてその話の流れから「ラッパーは遅刻が多い」という話題で盛り上がった。

R-指定:ラッパーは遅刻するけど、DJってあんまり遅刻しないよな

DJ松永:あんまりしないね

R-指定:DJは遅刻しないんですよ。俺の説なんだけど、ラッパーって自分のリズム持ってる人が強いじゃん。だから、より強いラッパーとかって自分の時間軸で動いてる人が多くて、ラッパーのZeebraさんとか、KダブシャインがやってるKGDR(ex.キングギドラ)ってユニットは、通称「ギドラ入り」って呼ばれる入り時間があるぐらい

DJ松永:あるねぇ

R-指定:リハーサルは来るか来ないか分からない、本番前のギリギリに来るかもしれない、そのぐらい不確定なのが「ギドラ入り」っていう

DJ松永:その世代の人たちは遅刻に対して、そういうこと(ルーズ)なんだろうね

R-指定:DJは自分のリズムよりも、正確なリズム感、精密な機械を触れるような技術がないといけないから遅刻しないのかなって

DJ松永:DJは社会的にしっかりしている人が多いよね

ラッパーがよく遅刻するのは、自分のリズムを大切にしている人物が多いからだという自説を展開したR-指定。DJ松永もこの話を受け、だからこそラッパーには個性豊かで面白い人物が多いのかもしれないと、R-指定の説に納得した様子だった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:2018年9月25日(火)27時〜28時30分
パーソナリティ:Creepy Nuts(R-指定、DJ松永)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20180926030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/creepynuts/

関連記事(外部サイト)