人気美声女ユニットelfin’、乙女ゲーム原作舞台は「本当に充実した舞台だった」

美声女ユニット“elfin’(エルフィン)”の辻美優と花房里枝が担当するWebラジオ番組『オールナイトニッポンi〜elfin’のビューティーボイス放送局〜』の第29回が配信され、昨年2018年12月に2人が初共演を果たした舞台『忍法浪漫剣劇 百花百狼 〜戦国忍法帖〜 月下丸の章』についての話の中で、それぞれ舞台に立ってみての感想が語られた。

elfin’は、2014年に行われた『全日本美声女コンテスト』にてグランプリに選ばれた辻美優と、準グランプリに選ばれた花房里枝に、新メンバーの小倉舞子と厚地彩花を加えた、4人による“美声女ユニット”。普段はアーティストとして活動しているほか、女優・声優・タレント・モデル・漫画家と、マルチにハイブリッドな活躍を見せている。

この『オールナイトニッポンi〜elfin’のビューティーボイス放送局〜』は、そんなelfin’が楽しいトークを繰り広げていく内容で、毎月1日と15日の月に2回配信していく番組となっている。

『忍法浪漫剣劇 百花百狼 〜戦国忍法帖〜 月下丸の章』は、PlayStation?Vita専用の人気恋愛アドベンチャーゲーム『百花百狼〜戦国忍法帖〜』が原作となる舞台。伊賀と甲賀の戦いから十七年、戦国時代は終わり世には久方の平和が訪れていたが、そんな中、甲賀の長である上野勘道の娘、・槐(えんじゅ)が与えられた初任務で、運命を狂わせる大事件が起きる。

今回の舞台では、花房がヒロインの上野槐役を、辻が三雲伽羅(きゃら)役を演じたが、2人はそれぞれ、舞台に立って感じたことについて語った。

花房:(辻は今回舞台が初めてだったけれど)どうでした? 初舞台

辻:めっちゃ緊張しました。(ステージ上に)出るまでの私の緊張が本当に半端なくて、しかも私の衣装が、コルセットがきゅっとなってるから、それも相まって胃がぐるぐるし始めるっていう(笑)

花房:そんな風には見えなかったよ?

辻:それを見かねて、周りに待機していた人たちが、「大丈夫大丈夫」って言ってハイタッチしてくれて。私そんなに目に見えてヤバかったかな?と思ったんですけど(笑) でも、すごく楽しかったです

花房:達成感はありますか?

辻:1つのものをやり遂げたっていう意味では、ちょっとした達成感はあるんですけど、“この表現はもっとこうできたはず”みたいなのはあって。それに関しては悔しいなぁとか、どこかでリベンジしたいなぁとかはありますね

今回初めて舞台に挑戦して緊張したが、得たものは大きかったと語った辻。また花房は、いつかやってみたいと思っていた殺陣に挑戦できたことがありがたかったそうで、終わってしまうのが惜しい程に充実した舞台だったと語った。

このエピソードの全貌は、『オールナイトニッポンi〜elfin’のビューティーボイス放送局〜』第29回で聴くことが出来る。

<番組概要>
番組名:オールナイトニッポンi〜elfin’のビューティーボイス放送局〜
パーソナリティ:elfin’(辻美優、花房里枝)
第29回(1月1日配信)URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_elfin_029

関連記事(外部サイト)