マンガ大賞2019大賞『彼方のアストラ』作者が語る 作品の“伏線”

3月19日(火)深夜放送のラジオ番組『ミュ〜コミ+プラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時〜)に、マンガ大賞2019で大賞を受賞した『彼方のアストラ』の作者・篠原健太が出演し、作品の伏線の張り方について語った。

『マンガ大賞』は、前年の1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻までの作品を対象に、実行委員が直接声をかけたマンガ好きの有志がオススメのマンガを選出するマンガ賞で、この番組のパーソナリティ・吉田尚記アナウンサーが発起人かつ実行委員を務めている。

今年で12回目を迎えた『マンガ大賞2019』では、篠原健太が集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で2017年12月まで連載していた『彼方のアストラ』が大賞を受賞した。『彼方のアストラ』は連載終了後に口コミで人気を呼び、先日アニメ化決定も発表された作品で、作中に散りばめられた”伏線”が人気の理由の1つになっている。

吉田アナ:ネタバレになるからあまり言えないんですけど、彼方のアストラのミステリーは本当に良く出来ているんですよね。小説と違ってマンガだとミステリーにするのって絵だからすごく難しいはずなんですけど…

篠原:(2007年から2013年まで週間少年ジャンプで連載していた)『SKET DANCE』では、1話完結を基本にやっていたんですけど、僕の好みもあるんですがオチに向かって伏線を張ったりっていうのを1話完結の中でも少しずつあるんですよね。それを結構沢山やったので、慣れていたってのはあるんですよね。

吉田:先生はミステリー脳になっているところがあるんですか?

篠原:そうですね。なんか驚かせたいというか、何かを仕掛けたいっていうのは多分デビュー作の読み切りの頃から叙述トリックというか、そういうのをやってるんですよね。だから趣味ですね(笑)

吉田:自然にそっちに頭が働いちゃうところがあるんですかね。

篠原:読んでくれた人が驚いた反応とかをアンケートなどで何度か経験しているので「いくつか仕込みますよ」って意気込んでやったのはありますね。その代わりバレるんじゃないかってドキドキがすごくあります。

吉田:そうなんですか!?

篠原:ミステリーパートはもう「早く次の週が来てくれ」って。今はネットがあるので、気付いた人が拡散する可能性があるじゃないですか。でも読み終わった方がすごくネタバレを気にしながら宣伝してくださるので、すごくありがたいですね(笑)

ネタバレに怯えながらも、作品内で伏線を張っていくのが好きだという篠原。その後、『SKET DANCE』に続き、先日『彼方のアストラ』がアニメ化決定したことにも触れ、次回作が非常にプレッシャーになっていると語っていた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミュ〜コミ+プラス」
放送日:2019年3月19日(火)24時〜24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー アシスタント:田所あずさ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190320000000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/

関連記事(外部サイト)