人気俳優が漁体験で大苦戦「船酔いで力が入らなくて」

敦士、『ふれあい!乾杯!日本ご当地 はたらき旅』ロケの苦労話 長崎県対馬で夜の漁

記事まとめ

  • 敦士がパーソナリティのインターネットラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』が配信
  • 『ふれあい!乾杯!日本ご当地 はたらき旅』(BS-TBS)長崎県の対馬ロケの苦労話を語った
  • 漁師とともに船に乗り夜の漁を手伝うことになった敦士は終始船酔いに苦しんだとか

人気俳優が漁体験で大苦戦「船酔いで力が入らなくて」

俳優・モデルとして活躍する敦士がパーソナリティを務めるインターネットラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第75回が配信され、正月に放送されたBS-TBSで放送の番組『ふれあい!乾杯!日本ご当地 はたらき旅』のロケで、長崎県の対馬に行き漁を経験したという敦士が、そのときの苦労を語った。

『ふれあい!乾杯!日本ご当地 はたらき旅』は、芸能人が、その土地ならではの仕事を体験しに各地に出発。忘れかけていた人との絆や、お金をもらう大変さ、日本各地の豊かな文化など、いろいろなことについて考えていく旅番組となっている。

その番組の中で、漁師とともに船に乗り、夜の漁を手伝うことになった敦士。しかし船の揺れが激しすぎたため、敦士は終始船酔いに苦しんでいたという。

「船酔いっていうのは、近くを見ているから船酔いするんですよね。だから、船酔いするときは遠くを見ろって言われるんですよ。遠くを見るとそこに焦点が合うから、船酔いし辛いっていうんですよね。ただ、夜なんですよ。夜って何があります?暗闇しかないんですよ。向こうの方に船の明かりは見えるんですけど、もう全然ダメ。一番強いと言われる酔い止め飲んで行ったのに、めちゃくちゃ酔った。

しかも時間がめちゃくちゃ長かった。今回の漁は一本釣り漁っていって、でかい竿が船の左右に付いているんですよ。で、そこに15コぐらいのエサの付いた針を落として、掛かった魚を釣り上げるという方法なんですけど。思いの外船が小さくて、釣り人が乗る船みたいな大きさなんですよ。それがやっぱり揺れるんですよね。

やっぱり人って、酔うと気力がなくなるんですよね。仕事も与えてもらったんですよ。針にエサを付けるのを教えてもらったんですけど、手元の細かいのを見ているとさらに酔って、もうすいませ〜んみたいな感じで音を上げて。それで、釣り上げた魚をしめるという作業を任せてもらったんですけど、しめるのも手元じゃないですか。もうね、2歩先の包丁が取れないんですよ。包丁も船の上でずっと持っていると危ないので、1回魚をしめたら絶対元の場所に戻してくださいっていうルールなんですよ。なので、1回しめたらまた包丁取りに行くじゃないですか。その2〜3歩向こうにいけないの。筋肉に力が入らないんですよね・・・」

揺れる船の上で、夕方5時から朝の5時まで約12時間もの間船に揺られ、漁を行う大変さを、身をもって体験したという敦士。また、この『ふれあい!乾杯!日本ご当地 はたらき旅』では、働いてもらった給料で美味しいご飯を食べることも趣旨の1つとなっているが、対馬の高級な真さばや穴子を口にし、極上の美味しさを体験した話も語られた。

このエピソードの全貌は、『敦士のオールナイトニッポン75回』で聴くことが出来る。

<番組概要>
番組名:敦士のオールナイトニッポンi
パーソナリティ:敦士
第75回URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_atsushi_075

関連記事(外部サイト)