若手俳優、年明けの生放送で“誤解を招く言葉”を言いそうになり大慌て

1月7日(月)、ドラマや舞台など数々の作品で活躍する若手人気俳優が、毎週2人ずつコンビを組んでお届けするWebラジオ『オールナイトニッポンi 太田基裕×崎山つばさのおしゃべや』の第19回が配信され、1月3日(木)に“増刊号”として地上波で生放送された同番組の中で崎山が思わず言いそうになった、“誤解を招きそうな言葉”について語った。

この日の番組は、オープニングトークのみ、生放送直後に収録された音源を配信。太田と崎山は、約1年半前に番組がスタートした当初から「地上波で番組をやりたい」という話をしており、今回の増刊号”はその念願が叶って達成された初めての地上波生放送とあって、2人はいつにも増して楽しそうな様子で話し始めた。

番組中交通情報を伝えるゾーンでは、日本道路交通情報センターの担当者と直接絡むなど、生放送でしか味わえないやり取りを新鮮な気持ちで楽しんだという2人。そんな中で崎山は、エンディングの最後のくだりにて、年明けに言うには不自然な言葉を、危うく言いそうになったと話した。

太田:最後の最後でやらかしましたよね?あなた(笑)

崎山:あはは(笑)

太田:「良いお年を」って言おうとして

崎山:(笑)

太田:まるでこの放送が“録音でした”みたいな。違いますよ、ちゃんと生でお送りしたんですからね?

崎山:そうですね

太田:やめてくださいよ。怖いよ。

崎山:なんかね、「良いっ…」って言って

太田:「良いっ」って。この人何言うの!?と思って(笑)

崎山:とっさに「今年もよろしくお願いしま〜す」って言ったけど。まだ年末感抜けてないのかな?

太田:まぁそれはありますね

まるで年末に収録された音源であるかのように思われそうな言葉を言いそうになり、慌てて言い直したという崎山。同じく慌てたという太田だが、それを含めて楽しい思い出になったようで、「また(地上波放送をする)機会をもらえるように頑張りましょうよ」と話し、Webラジオの配信についても「変わらずやっていきますので」と前向きな姿勢で話した。

<番組概要>
番組名:ニッポン放送『オールナイトニッポンi 太田基裕×崎山つばさのおしゃべや』第19回(通算第76回)
パーソナリティ:太田基裕、崎山つばさ
配信日:1月7日
番組メールアドレス:oshabeya@allnightnippon.com
おしゃべやメンバーズサイト:https://oshabeya.jp/

関連記事(外部サイト)