人気俳優、繁忙期の伊勢うどん店を手伝い大慌て

俳優・モデルとして活躍する敦士がパーソナリティを務めるインターネットラジオ『敦士のオールナイトニッポンi』第77回が配信され、テレビ番組『ハンボーブラザーズ〜猫の手も借りたい繁忙現場でお手伝い〜』(テレビ愛知 2月16日(土)夜6時59分〜)のロケで、年始の忙しい現場を手伝いに行ったという敦士が、そこで体験した苦労を語った。

『ハンボーブラザーズ〜猫の手も借りたい繁忙現場でお手伝い〜』は、猫の手も借りたいほど繁忙を極める現場に芸能人が向かい、真剣にお手伝いをするという番組。この度のロケで敦士は、元日の初詣客でごった返す伊勢神宮おかげ横丁のうどん店と、三重県鳥羽市浦村にある時間無制限のカキ食べ放題店の、2店を手伝った。

まずは伊勢神宮おかげ横丁のうどん店にて、うどんの配膳を手伝ったという敦士だが、人の数と提供しなければならないうどんの量の多さに、大慌てだったという。

「元日、伊勢の方にお邪魔したんですが、あのおはらい町、とんでもない人の数ですよ。僕、小さい頃におじいちゃんおばあちゃんに連れられてお伊勢参り行ってたんですけど、小さい頃だったのであまりに印象に残ってなくて。改めて行ってみると、やっぱりお伊勢さんってすごい神社なんだなって思いましたね。年末年始に掛けて、何十万人っていう人が来るんですよ。

そこで、伊勢うどんを出しているお店から、“忙しいので手伝ってください”というお手紙をいただき、お邪魔したんですよ。すごいですよ?こんなにうどんって出るの!?っていうくらい、出るんですよ。僕もまず何やっていいか分からないから、出来上がったうどんをお客さんの待っているところへお届けするということをやらせてもらったんですけど。それすら最初ままならなくて。

お客さんは番号札持ってるんですけど、そのお客さんがどこにいるかも分からないんですよ。みんなバラバラに座ってらっしゃるんで、“〇〇番の方〜!〇〇番の方〜!”って叫んで。早くしないとうどんも伸びちゃうし冷めちゃうし、焦ってきちゃって。番号札を持って、エリアの外に座ってらっしゃる方もいるんですよ。“は〜〜い!”って大きい声出してくださる方もいれば、“はいは〜い”って手元で手を挙げて待ってらっしゃる方もいて、それはもう自由なんですよね。それを僕は見つけられなくて、なかなか手こずりましたね」

何千倍ものうどんが凄まじい勢いで提供されていく現場を目の当たりにし、驚きと苦労を味わったという敦士。その翌日に行ったカキ食べ放題店でも、物凄い数の人が集まっていたそうで、年明けからてんやわんやな環境の中で過ごしたことを明かした。

このエピソードの全貌は、『敦士のオールナイトニッポン77回』で聴くことが出来る。

<番組概要>
番組名:敦士のオールナイトニッポンi
パーソナリティ:敦士
配信日:1月16日
第77回URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_atsushi_077

関連記事(外部サイト)