“令和”初の「マチ★アソビ」、徳島市でスタート!

5月4日、徳島県徳島市で“アニメの祭典”「マチ★アソビvol.22」の開催がスタートした。

「マチ★アソビ」は、アニメやゲームなどのサブカルチャーの複合型イベント。新元号・令和となって初の「マチ★アソビ」は、「春のとくしまをアソビ尽くそう!」というキャッチフレーズのもと、新町橋東公園ステージ・両国橋西公園ステージを中心に、徳島市中心部の様々なスポットで、トークショー、ライブ、上映会、展示などが行われる。

「開会式」は、新町橋東公園ステージで10時30分から行われ、アニプレックス・高橋祐馬氏の進行のもと、コミックス・ウェーブ・フィルム社長・川口典孝氏、サイバーコネクトツー社長・松山洋氏、スタジオマウス社長・納谷僚介氏が登壇。マウスプロモーションの声優陣から五十嵐裕美、増田ゆき、氷上恭子、小島幸子、そして声優アイドルユニット「ギルドロップス」から江原裕理、永恵由彩も登壇し、開会式に花を添えた。

阿波銀ホールでは13時より「デジタルクリエイター人材発掘セミナー 高校生から声優目指して上京 〜応援してくれる皆さんと地方から声優を目指す皆さんへ〜」が開催され、声優・高井舞香、山下七海、江原裕理が登壇した。3人とも高校生時代に声優としての活動をスタートさせたが、徳島出身の高井・山下、山口出身の江原が、それぞれが目指していたもの、そして“きっかけ”となるユニークなエピソードを紹介するなど、興味深いセミナーとなった。

両国橋西公園ステージでは14時より「TVアニメ『異世界チート魔術師』キャストトークイベント」が開催され、西村太一役・天ア滉平、ミューラ役・田中美海が出演した。ストーリーやキャラクターについてのトークが展開される中、当作品の放送時期が“2019年7月から放送開始予定”と発表された。またイベント後半では徳島の方言(阿波弁)を使った文章を見て標準語に“翻訳”するクイズ企画が2人の対決方式で展開され、田中が3ポイント、天アが2ポイントで、田中の勝利となった。

「マチ★アソビ」は、このほかにも様々な企画が徳島市内中心部の多数のスポットで5月6日(月・祝)まで開催される。

関連記事(外部サイト)