人気若手俳優、“親知らず”がなかなか抜けず、ひと苦労

若手俳優・深澤大河 親知らずの抜歯に2時間半以上も苦戦

記事まとめ

  • Webラジオ「オールナイトニッポンi 橋本祥平×深澤大河のおしゃべや」が配信された
  • 深澤は、親知らずの抜歯に2時間半以上かかったというエピソードを披露した
  • 深澤が口を開けて見せた治療の跡に、橋本が「あー、わかる!」と驚く場面も

人気若手俳優、“親知らず”がなかなか抜けず、ひと苦労

2月25日(月)、ドラマや舞台など数々の作品で活躍する若手人気俳優が、毎週2人ずつコンビを組んでお届けするWebラジオオールナイトニッポンi 橋本祥平×深澤大河のおしゃべや』の第21回が配信され、知らぬ間に“親知らず”が生えていたという深澤が、その歯を抜く際に苦労したエピソードについて語った。

久々に行った歯医者で、4本もの“親知らず”の存在が発覚したという深澤。今回、左の上下2本を抜こうとしたのだが、さらに驚いたのが、歯の根本の隙間に小さな骨が入っており、簡単には抜けない状態だったという。

その後、特殊な治療を施すことになったというが、抜こうとした歯が手前で折れてしまい、およそ2時間半以上にわたって苦戦を強いられたことを明かした。

深澤:こんな歯ね、なかなかないみたいで。そのお医者さんも、すごく腕の良い方だったんですけど、「こんな歯やったの、三年ぶりだ」って言ってた

橋本:あ、いたんだ。でも

深澤:いたみたいですね。……そんなサラッというんだ。三年だよ、ねぇ、祥ちゃん

橋本:いや、でもいたんだ

深澤:(3年っていうと)中学高校卒業してんだよ

橋本:でも、珍しいなって思って、その偉大な歯医者さんが「初めてですよ!」って言われるのかなって思ったら……、三年前にもいたんだ

深澤:すっげーサラッとしてる。あれ、なんか違うな。思ってたのと

橋本:今は(骨は)残ってるの?

深澤:今は残ってる。なおかつ、今なんとか抜いて、抜歯して、糸はとった状態なんですけど。ただ、治るためにはかさぶたができなきゃいけないんですよ

橋本:あー、なるほど

深澤:はい。(僕は)そのかさぶたができにくい体質で。骨がちょっと見えちゃってる状態で

橋本:まじ?

深澤:なので、ちょっと、稽古中とか、ジンジンしながらやってたっていう。でもま、今は全然。ほぼほぼ、何も感じず

橋本:へぇー、なるほどね

深澤:すごいことになってたなっていう

珍しいタイプだという“親知らず”に、終始びっくりだったと話す深澤。「今ね、穴空いてるよ」と口を開けると、橋本からもその跡がはっきりと肉眼で見えるようで、「あー、わかる!」と驚いていた。

Webラジオ『オールナイトニッポンi 橋本祥平×深澤大河のおしゃべや』第21回は、3ヶ月の期間限定で無料で聴くことが出来る。

番組概要

番組名:ニッポン放送『オールナイトニッポンi 橋本祥平×深澤大河のおしゃべや』
パーソナリティ:橋本祥平、深澤大河
第21回(通算第83回)配信URL:https://i.allnightnippon.com/p/e_anni_oshabeya_083
番組メールアドレス:oshabeya@allnightnippon.com
おしゃべやメンバーズサイト:https://oshabeya.jp/

関連記事(外部サイト)