各局の人気ラジオパーソナリティ28人が集結! 日本最大規模のラジオ特番に大反響

今年の2月〜3月に実施したNHKと民放ラジオ101局がタッグを組んでラジオ業界全体を巻き込んだSNSキャンペーン『#このラジオがヤバい』の大きな反響を受け、5月6日(月・休)に放送局の垣根を越えての6時間の大型ラジオ特番が生放送された。NHKと全国の民放ラジオ局が生放送で同じ内容を同時に放送していくのは新しい試みで、時間帯で異なるが、最大で全国69局で同時生放送となった。

総合司会は、お笑いコンビの三四郎と千葉美乃梨NHKアナウンサーが務め、NHKの特設スタジオには各局の人気ラジオパーソナリティ28人が集結。各時間帯で、お笑い、声優、アーティスト、10代向けワイド、ご当地、音楽番組といったラジオ番組お馴染みの要素を軸に、バラエティ豊かに6時間の生放送を行った。エンディングでは三四郎が「#このラジオがヤバい!」をネタに漫才を披露。大型連休の最終日にかつてないスケールで生放送されたラジオ番組は、生放送中に8万ツイート以上の感想が集まり、日本のトレンド1位になるなど、大きな反響を呼んだ。

総合司会は三四郎と千葉美乃梨アナウンサー

大型連休の最終日の5月6日(月・休)19時から25時まで、ハッシュタグキャンペーン『#このラジオがヤバい』で話題になった全国のラジオ番組のパーソナリティが、NHKの特設スタジオに集結した。

NHK・民放ラジオ特別番組『今日は一日“民放ラジオ番組”三昧〜#このラジオがヤバい〜』の総合司会は、ニッポン放送ほか全国ネットで『三四郎のオールナイトニッポン』パーソナリティのお笑いコンビ・三四郎と、NHKラジオ第1『サンドウィッチマンの天使のつくり笑い』の司会を務めるNHK・千葉美乃梨アナウンサー。また、21時台に登場したヤバイTシャツ屋さんが今回の特番のために制作したオリジナルジングルが6時間の特番の中で使われた。

番組では、19時〜25時の6時間を1時間ごとに区切り、『#このお笑いラジオがヤバい』『#この声優ラジオがヤバい』『#このアーティストラジオがヤバい』『#この10代向けワイドがヤバい』『#このご当地ラジオがヤバい』『#この音楽番組がヤバい』と題して放送。それぞれの時間帯でテーマに沿ったコーナーを展開。出演者のバトル企画では、時間内にリスナーからのツイッター投票により判定を行い、全国の多くのリスナーが参加した。 また、6時間を通して、リスナーからは「あなたが知っているヤバいラジオ」を募集。全国のリスナーから各地の名物番組の情報などが続々と寄せられた。さらに、出演者全員への共通質問は「ラジオの○○○がヤバい」。このキーワードで出演者それぞれがラジオ愛を語った。

19時台「#このお笑いラジオがヤバい」

19時台の『#このお笑いラジオがヤバい』では、アルコ&ピースと霜降り明星が登場。三四郎を加えた3組で「オープニングトーク王決定戦」と題し、くじ引きで引いた3つのキーワードを織り交ぜながら、タイトルコールまでのフリートークを競うトークバトルを行った。3組が普段の番組を彷彿させるトークを繰り広げる中、エキシビジョンとして、霜降り明星のせいや、三四郎の相田、アルコ&ピースの平子がコラボするSPトークを展開。ここでしか聴くことのできないトークとなった。

20時台「#この声優ラジオがヤバい」

20時台『#この声優ラジオがヤバい』では、徳井青空、三森すずこ、諏訪部順一が声優ラジオについて語った。徳井と三森は17時5分からでNHKラジオ第1で行っていた「あにげっちゅSP」生放送から合流。この時間からは2つの番組が同時に生放送となった。この時間はリスナーから事前にもらった今悩んでいることに対して言ってほしいセリフをそれぞれが披露。三四郎と千葉アナも参加し、千葉アナのセリフを全員が大絶賛する場面もあった。

21時台「#このアーティストラジオがヤバい」

21時台の『#このアーティストラジオがヤバい』では、ヤバイTシャツ屋さんとCreepy Nutsが音楽企画に挑戦した。出されたお題に対してそれに合う楽曲を選曲するという企画を行ったが、ミュージシャンに交じり参加した三四郎がまさかの3連勝を飾るという意外な結果となった。

22時台「#この10代向けワイドがヤバい」

22時台の『#この10代向けワイドがヤバい』では、とーやま校長、あしざわ教頭、オテンキのり、菅井友香(欅坂46)が登場。普段、この時間に生放送されているワイド番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM/JFN)と「レコメン!」(文化放送)の2つの番組が生放送で激突。これまでもお互いの番組を行き来するなど交流をしてきた両番組だが、今回は決着をつけるということでそれぞれの番組からリスナーが電話で登場し、番組のよいところを紹介した。そうした中で「はんにゃ金田と欅坂46と日向坂46のゆうがたパラダイス」(NHK-FM)のパーソナリティのはんにゃ金田が乱入。3番組が入り乱れるカオスな展開となったが、欅坂46菅井友香の仲裁もあり、その場が収まった。終盤には欅坂46の尾関梨香も登場し、3番組でワイド番組の魅力を語り合った。

23時台「#このご当地ラジオがヤバい」

23時台の『#このご当地ラジオがヤバい』では、サンドウィッチマンをメインパーソナリティに、各地域で活躍するパーソナリティ達が集結。北海道のAIR-G’「IMAREAL」から森本優、愛知県のCBCラジオ「ナガオカ×スクランブル」から永岡歩、鹿児島県のMBCラジオ「岩ア弘志のてゲてゲハイスクール」から岩ア弘志が登場した。それぞれが各地域の名物やならではのネタをサンドウィッチマンにプレゼンテーション。熱のこもったトークにサンドウィッチマンも思わず唸った。

24時台「#この音楽番組がヤバい」

24時台の『#この音楽番組がヤバい』では、クリス・ぺプラーをメインパーソナリティに、ゲストに菅田将暉を迎えた。菅田将暉がこれまでの人生で印象に残った曲についてクリス・ぺプラーとトークした。

大エンディング 漫才「#このラジオがヤバい」

6時間の大エンディングでは、三四郎が6時間の生放送を振り返る漫才『#このラジオがヤバい』を披露。各時間の印象的な場面が漫才で再現されると、Twitter上では大きな反響があった。エンディングでは、三四郎・相田がラジオリスナーへの熱い呼びかけも行い6時間の特番は幕を閉じた。

番組概要

タイトル:NHK・民放ラジオ特別番組『今日は一日“民放ラジオ番組”三昧 〜#このラジオがヤバい〜』
放送日時:2019年5月6日(月・祝)19時〜25時
総合司会:三四郎/千葉美乃梨
オフィシャルサイト:https://konoradiogayabai.com/

関連記事(外部サイト)