すとぷりの中で最もラジオパーソナリティに向いているのは誰? メンバー同士でガチンコ対決!

6月13日(木)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時〜)に、動画配信サイトを中心に活動する、歌い手6人組男性ユニット『すとぷり』のメンバーが全員登場し、ラジオパーソナリティとしてのスキルを競い合った。

6月10日(月)〜13日(木)のミューコミプラスでは、すとぷりのメンバーが4日連続でゲストに登場し、『ラジオぷりんすは誰だ!? すとぷりラジオぷりんす決定戦』と題して、メンバーの中で最も“ラジオ力”があるメンバーを決める企画を開催。最終日の13日(木)は、これまでの3日間で勝利した莉犬、さとみ、ジェルの3人で決勝戦を行い、他のメンバー(るぅと、ころん、ななもり。)も応援で登場した。

最初の種目は、ラジオに欠かせない曲紹介のスキルを競う企画。莉犬はRADWIMPSの『前前前世』をイントロぴったりに合わせて完璧に紹介。ジェルはわざと曲名を間違えるなどおふざけ路線で暴走。そんな中、さとみの課題曲はONE OK ROCKの『ONION!』だった。偶然、自身が好きで聴き込んでいたこともあり、「人生を玉ねぎのようなものと例えた素敵な曲」と曲の豆知識を盛り込んでONE OK ROCK愛を見せつけ、スタッフ投票で1位を獲得して勝利した。

続いての対決は『見つけるまでEndless Flight!』と題した借り物競走。ニッポン放送のデスクフロアからお題のアイテムを一番早く見つけた者が勝利というルールだった。この対決には、別室で控えていた初戦の敗者メンバー・るぅと、ころん、ななもり。が決勝戦メンバーの3人の代わりに挑戦。莉犬の代わりにるぅとが「あいみょんのCD」を、さとみの代わりにころんが「ピコピコハンマー」を、ジェルの代わりにななもり。が「スプーン」を探すことに……。ななもり。がニッポン放送の偉い人(管理職)のデスクまで探しに行ったり、ころんが女子アナウンサーのデスクに侵入したりと、それぞれ大胆にアイテム探しに挑んだ結果、さとみの代理のころんが最も早くピコピコハンマーを発見。おかげで、さとみが勝利を手にした。

最後の対決は、ミューコミプラスでおなじみの『変態音響監督』のコーナー。リスナーから募集した「ゲストに言って欲しい甘いセリフ」を、吉田が演出をつけて実際に言ってもらうというもので、莉犬は「陸上部の引退試合が終わり最後に告白する」、さとみは「優しい年下の彼氏」、ジェルは「モテモテのホスト」というシチュエーションで、それぞれがセリフを披露した。こちらの勝者はTwitterの投票機能を使ってリスナーが判定。その結果、48%の票を獲得した莉犬が勝利を収めた。

こうして3ラウンドの対決の結果、2勝を収めたさとみが見事に優勝。勝者は、6月15日(土)深夜3時から放送の『すとぷりのオールナイトニッポン 0(ZERO)』で、吉田から何でも好きなものを差し入れとしてプレゼントしてもらえることになっていたが、さとみがリクエストしていたものは、なんと現金。11日(火)に出演した際に、冗談のつもりでリクエストしたものが現実となってしまい、さとみは「こんなことになるなんて!」と困惑した様子だった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミューコミプラス」
放送日:2019年6月13日(木)24時〜24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190614000000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/mcplus/

関連記事(外部サイト)