ももクロ・あーりんが語る「殺陣」の難しさ 〜ダンス以上に汗だくになった座長公演

9月15日(日)、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送・毎週日曜22時〜)に、ももクロの玉井詩織と佐々木彩夏が出演し、先月8月17日〜26日に東京・明治座にて上演された舞台「ももクロ一座特別公演」について振り返った。

「ももクロ一座特別公演」は、佐々木が主演を務めた芝居「座長・佐々木彩夏 大江戸娯楽活劇 姫はくノ一」と、ももクロのヒット曲満載のライブショー「ももいろクローバーZ 大いに歌う」の二部構成。以前に佐々木は番組内で、初めて挑戦する殺陣に苦戦しながらも、厳しい指導者の下で練習に励んでいると明かしていた。

10日間の公演を大盛況で終えたことについて、佐々木は「本当に毎日たくさんのみなさんに見に来ていただきました。本当にありがとうございました」と感謝を述べ、舞台にまつわる裏話を語った。

佐々木:今回の舞台ではたくさんのことに挑戦して、着物の所作とか時代劇の難しい言葉とかいろいろあったんですけど、一つの大きな挑戦として殺陣に挑戦させていただきました。私は運動神経は悪いけど、同じ23歳の中では動いている方だと思うんですね。

玉井:そう考えればそうだね。

佐々木:私の同級生は今年から新社会人で、『毎日座ってばっかり』、『デスクワークばっかりだよ』とか言っている友達が多いから、その中では動いている方だと思っていたんですけど……まあ、疲れる。殺陣ってあんなに疲れるの? って思った。

玉井:ね! 私も思った。

佐々木:ゼーゼー息が上がっちゃってさ。

玉井:こんなに筋肉痛になることがあるんだ? って思った。

佐々木:鬼のような筋肉痛がね。

玉井:毎日ダンスで体を動かしていたのにね。

佐々木:回し蹴りもしたから、右側だけくびれたりね。腰なんてダンスでも動かしていそうなのに、それでも筋肉痛になるんだなと思ってビックリしました。歌いながら踊るときも息が上がるけど、殺陣ほど息は上がったりしなかったな。

玉井:殺陣の時って無意識で呼吸を止めているから、無酸素運動なんだって。ライブの時は自然と息をしているからね。

佐々木:有酸素運動と無酸素運動の差がすごい。終わった瞬間にぶわーって汗が吹き出てくるんだよね! 形の綺麗さ、スピード感の強弱だったり、あくまでも戦っている気持ちだったり、いろんなことを考えながら殺陣をするのが難しかった。

初挑戦の殺陣は、技術的にも体力的にも大変だったと振り返った佐々木。しかし公演後には「よかったよ」、「頑張ったね」といった嬉しい感想を多くもらい、「やって良かったな、って本当に思いました。良い経験をさせていただきました」と満足度の高い舞台だったと語った。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
放送日:2019年9月15日(日)22時〜22時30分
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190915220000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/momoclo/

関連記事(外部サイト)