テレ東・佐久間P、ラジオのムチャぶり企画に嘆く「なんでこんな辛い思いを…」

9月18日(水)深夜、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行がパーソナリティを務めるラジオ番組「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週水曜27時〜)が放送。10月8日(火)に開催される同番組イベント「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO) リスナー感謝祭2019〜sailing day〜」で佐久間が披露する、ギター生演奏の進捗状況について語った。

今月最初の放送で、番組スタッフから突然アコースティックギターを渡され、BUMP OF CHICKENの「sailing day」をイベントで弾き語りするよう依頼されたと明かし、「何もやっていないところからギターを弾くなんて、絶対に無理だよ」と弱音を吐いていた佐久間。それから2週間が経ったが、先週はぎっくり腰を患い、練習を断念。

本番まで3週間を切って「本当にね、追い込まれているんですよ」と切羽詰まった状況を語り、近況を報告した。

「弾き語りを提案したディレクターや、この番組の構成作家も、誰もギターを弾いたことがないから難しさが分からないんですよ。

アコギってめちゃくちゃ音が大きいんですよ。夜中に家で鳴らしたら、携帯がピコンピコンピコン! と鳴って、娘から『うるさいんだけど。何時だと思っているの?』、『ちょう迷惑。あと、すごい下手くそ』っていう連絡が来て、しゅんとして止めて……。10月スタートの新番組が二つもあるのに、早起きしてギターのコードを押さえていたら、お弁当を作る嫁から『はー。ギターの練習ですか……』って言われた。

しょうがないから、会議の合間と合間にやろうと思ってテレ東でギターを持って歩いていたら、『プー。クスクス……(笑)』って。会社の後輩とか女子アナとかが、『あの人、ギターを持ってテレ東を移動している』みたいな。だから、本当に全然練習ができない上に、今ものすごく恥をかいている」

練習をしようとするも、各所で肩身の狭い思いをしていると語った佐久間。最終手段としてプロに個人レッスンをお願いすることにし、「ギターを弾いたことがありません。発表は10月8日です。曲は『sailing day』です」と伝えると、先生から「なめるんじゃない」と叱られたという。番組スタッフのムチャぶりから始まった、この弾き語り企画に「大人になって、なんで俺がこんな辛い思いをしなきゃいけないんだ」と嘆き節が止まらなかった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」
放送日:2019年9月18日(水)27時〜28時30分
パーソナリティ:テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190919030000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/sakuma/

関連記事(外部サイト)