岡村隆史、大慌て…いつの間にか堺正章の誘いを4回断っていた?

9月19日(木)深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週木曜25時〜)が放送。パーソナリティの岡村隆史が、2020年1月にスタートするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で共演している堺正章と連絡先を交換したと明かし、その経緯を語った。

同作は長谷川博己が明智光秀役で主演を務め、染谷将太が織田信長役を、本木雅弘が斎藤道三役を演じるなど、出演者の豪華さが話題を呼んでいる。岡村は光秀が美濃で出会う農民・菊丸役、堺正章は生涯にわたって光秀を導く医師・望月東庵役を演じる。

「(僕の撮影が)先に終わり、その後に堺さんが来られて。『もう帰るの?』って聞かれて、『はい。今日はちょっと髪の毛を切りに……』って言ったら、『いなさいよ』って(笑)。堺先生に『いなさいよ』って言われたら、ねえ?

メイクを落として帰る準備をしていたら、『(堺さんは)昼過ぎまで休憩になります』ってなったので、その間に堺先生とお話をして、その時に『あなたは忙しいの?』って聞かれた。『そんなに忙しいわけでもないですけど』って答えたら、『何で? 全然、ご飯に来ないじゃない』って言われたんです。

というのも、顔合わせの記者会見があった時に堺先生が門脇麦さんらと喋られていて、『今度、一緒にご飯行きましょうよ』みたいな。『あ、キャストはこうやって仲良くなっていくのか』って思って。その話をしている時に俺、座っていたから、パッと堺先生の横に行って『ご飯は……?』って言ったら、『あら、聞いていた?』って。『はい、聞いていました』、『じゃあまたみんなで一度ご飯でも』って言われていたんですよ。

それで、『誘っても、あなただけ、全然参加しないよね?』って言われて。『そんなこと無いですよ。僕、誘われたの1回しか無いじゃないですか?』って言ったら、『いや、4回誘っていますよ』と。『え!? 僕が聞いたのは、吉本から、“堺先生とキャストのみなさんでお食事会あるんですけど、どうですか?” ってなったんですけども、“その日はお仕事で岡村さんは行けないんですよ”って、言われたのが一回だけあります』と。『でも、4回誘っている。4回誘ってさ、来ない人はもう誘わないよ』って言われて。真横に座って、すごい距離でよ(笑)。『いや、本当に僕、1回しかないんです』、『毎回、私はあなたを一番に考えていたの。岡村君とご飯に行かないといけないな、って。あの時に約束していたから。でも4回断られたら、さすがに……。どうせ聞いてもダメなんだろうな、って頭の中で、あなたを破いている』、『ちょっと待ってください! 破くって(笑)』って」

知らない間に事務所側が堺からの誘いを断ってしまっていたのではないか、と予想した岡村。その後、そのような誤解が生じないよう、連絡先を交換したいと堺に提案したことを明かす。すると堺に『(交換しても)いいよ。その代わり、絶対に来ないとダメよ。直でやり取りするってそういうことだから。私が誘った時点で絶対に来ないとダメだから。ダハハハハ(笑)』とリアクションされたと振り返った。それらを踏まえ、岡村は『次は堺先生とご飯に行く。ご飯に行った先で、生のテーブルクロス引きをパーンってやってもらうから』と語り、期待に胸を膨らませた。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」
放送日:2019年9月19日(木)25時〜27時
パーソナリティ:岡村隆史(ナインティナイン)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20190920010000
番組HP:http://www.allnightnippon.com/okamura/

関連記事(外部サイト)