ももクロ、松本人志が差し入れた寿司を語る「史上最強に美味しかった!」

10月13日(日)、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送)に、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにのメンバー全員が登場。「ももクロナンバーワン裏伝説スペシャル」と題した企画で、4人それぞれがとっておきのエピソードを語り、高城は9月29日に北九州市で開催された「阿蘇ロック・フェスティバル2019 in 北九州」での舞台裏を明かした。

ももクロは、泉谷しげるが発起人である「阿蘇ロック・フェスティバル2019 in 北九州」に参加し、ステージでバンドを初披露。このイベントに届けられた、ダウンタウン・松本人志からの差し入れが驚くほど絶品だったという。

高城:今まで一番トロけちゃった伝説を語ります。メンバーのみなさんも共感してくれる話です。

佐々木:もしかして、あれですか?

高城:そう、あれですよ! 一番って決めがたいものじゃん?

玉井:それぞれの一番があるからねえ……。

百田:いま、腹立つ顔してた!!(笑)

高城:私が胸を張って、今までの人生で一番だったって言える出来事が『阿蘇ロック・フェスティバル2019 in 北九州』であったんです。ダウンタウンの松本人志さんからの差し入れで、お寿司があったんですが、アナゴが今まで生きてきた中で一番美味しかった!

玉井:あれは美味しかった〜。

百田:なんか、見た目から違ったよね。ちょっと白子みたいな見た目で、ふわっとしていて。

高城:プリンみたいだったよね。箱から出てきた瞬間のアナゴが、肉厚な感じと、ぷるぷるって感じで。

佐々木:ご飯の側面が見えなかったよね!

百田:そして白かった。

高城:私たちが知っている、タレがかかった茶色いアナゴじゃなくてね。

玉井:とろっとしたタレじゃなくて、さらっとしたタレがアナゴにかかっているんだよね。

高城:そう、そうなのよ! もう、あれは史上最強に美味しかった!

玉井:今でも思い出せる美味しさ。

高城:幸せを感じたよね。口からいなくなっちゃうのが悔しかったくらい、美味しかった。

松本人志が差し入れた寿司をメンバー全員が覚えており、「美味しかった!」と大絶賛。その後、百田、玉井、佐々木の3人が、年長者の高城に「高城さん、ぜひお寿司屋さんに連れて行って」、「予定合わせよう」とおねだりし、「そういう時ばっかり!(笑)」と不満の様子だった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
放送日:2019年10月13日(日)22時30分〜23時
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191013223000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/momoclo/

関連記事(外部サイト)