菅田将暉×TOSHI-LOW、フェスで話題になった「今夜」を生放送で熱唱!

10月14日(月)深夜、俳優の菅田将暉がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週月曜25時〜)が放送。今年2019年8月に福島県・猪苗代湖畔で開催された野外フェス「オハラ☆ブレイク」で、菅田と完全サプライズで共演したTOSHI-LOW(BRAHMAN / OAU)がゲストで生出演した。

「オールナイトニッポン」では、10月14日(月)〜10月19日(土)の一週間にわたって、音楽を大切にする「ミュージックウィーク」を実施し、「菅田将暉のオールナイトニッポン」にはTOSHI-LOWが招かれた。

菅田が主演した映画「あゝ、荒野」の、主題歌「今夜」を担当しているTOSHI-LOW。この夏、菅田はプライベートで「オハラ☆ブレイク」に訪れたが、急きょTOSHI-LOWに誘われてステージに上がり、飛び入り参加で「今夜」を一緒に歌って会場を沸かせる、というエピソードがあった。

菅田:あんな忘れられない日はないですよ。

TOSHI-LOW:オハラ☆ブレイクね。

菅田:僕はただただお客さんとして見に行ったわけですけど。ひゅーい君が行くということでね。(※友人であるシンガーソングライター・石崎ひゅーいがオハラ☆ブレイクに出演するということで、菅田は観客としてフェスに足を運んでいた。)

TOSHI-LOW:あの時、菅田が俺に電話をくれたじゃん? 『いるんすかー!?』みたいな感じで。それが嬉しかったな。

菅田:ひゅーい君が『今日、TOSHI-LOWさんがいるよ』って、『しかも“あゝ、荒野”が上映されているよ』って言っていたから、すごい! と思って。

TOSHI-LOW:菅田がフェスに来ているって聞いたから、じゃあもう歌っちゃえ! みたいな。あれ……、このことはどこまで言っていいの?

菅田:ぜんぜん大丈夫ですよ、事務所は全部知っていますから。

TOSHI-LOW:で、『歌えよ〜』みたいになったじゃん?

菅田:“なったじゃん”って、あなたが言ったんじゃないですか!(笑)

TOSHI-LOW:でもそれさあ、俺が無理矢理歌わせた感じで伝わっていると思うけど、将暉すごい早かったじゃん!『はい、歌います』みたいな。そんなに悩んでいなかったからね? で、その後に(菅田が)事務所に連絡して、その日の用事をすっぽかして。

菅田:あはははは(笑)。そうなんですよね、別の予定があったんですけど速攻で連絡をしました。

TOSHI-LOW:そこでちょっと、好きさが一段階上がったよね。

菅田:それはだって、やるしかないでしょ? そんな機会ないですもん。

TOSHI-LOW:ことわざで、“先輩の言うことはYES or はい”っていうのがあるからさあ。

菅田:僕はそんなの聞いたことないですよ!(笑)

TOSHI-LOW:茨城だとあるから。“先輩の言うことはYES or はい”。

実はこの「オハラ☆ブレイク」が自身初のフェスステージだったことも明かし、「最高でした」と語った菅田。

その後TOSHI-LOWが、母校の3階から上の階は“投げちゃうから”鉄格子が付いていたことや、自身が「鬼」と呼ばれるようになった経緯、といったロック伝説を紹介。菅田も「フェスの打ち上げでDragon Ashの?Kjさんを海に投げ飛ばして、そのフェスを出禁にされたのは本当ですか?」と質問。TOSHI-LOWは「それは正確に言えば、THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)も投げています。あと、FM長崎の人も投げています」と答え、噂よりはるか上をいく武勇伝を聞いて大爆笑だった菅田。

こうした“拳の方の”ロックな話が続いたが、番組後半に「今夜」をオンエアしようとしたところで、TOSHI-LOWが「曲、かけなきゃいけないの?」、「オハラ☆ブレイクみたいに歌ったらいいじゃん」と提案し、急遽生演奏する流れに。“先輩の言うことはYES or はい”の精神で菅田が承諾し、TOSHI-LOWのギターに合わせて熱唱。その後も興奮が冷めやらぬようで、TOSHI-LOWのリクエストで西岡恭蔵の「プカプカ」も歌い、ミュージックウィークにふさわしく、最後は音楽で締めくくった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」
放送日:2019年10月14日(月)25時〜27時
パーソナリティ:菅田将暉
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191015015000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/suda/

関連記事(外部サイト)