ももクロ高城、見知らぬ人に名乗るも全く信じてもらえず「恥ずかしい」

10月20日(日)、ラジオ番組「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」(ニッポン放送)に、佐々木彩夏と高城れにが出演。リスナーからの「普段、何も関係のないところで、ももクロが出てしまう職業病のような経験はありますか?」という質問に回答。仕事で知らない誰かに話しかける機会が多いことから、プライベートでもその癖が出てしまうと語った。

佐々木:私はプライベートでも、ももクロの“あーりん”みたいに生きているから……。

高城:そうだよね。

佐々木:さすがに『Z』って聞くと(決めポーズを)やりたくなっちゃうとか、そういうのはないよね。(ファンが)そういうのを期待していたら申し訳ないけど。そういうのはないです。

高城:ないですね。

佐々木:ももクロの衣装とか着ていると、アイドルなんだろうな、って何となく分かってもらえていて、街中でロケをしていても芸能人なんだな、って分かってもらえるじゃない? そのせいか、小さい子を見ていると無性に手を振りたくなっちゃうんだよね。

高城:わかる!

佐々木:犬にも『可愛いね!』って無駄に話しかけるみたいな。知らない人に話しかけても許されるだろう、って思っちゃう。

高城:そうなんだよね、そうなのよ!

佐々木:でも相手が私のことを知らなかったら、誰だこいつ、変な子だな〜って、度が過ぎたフレンドリーみたいになっちゃうんだけど。でも、ついね〜。子供番組をやるようになってから、より小さい子には『どうしたの? 歩けるの? かわいいね! バイバイ!』って過剰にやっちゃう。

高城:私もこの間、道を歩いていたら、ももクロの“秋の交通安全ポスター”が貼ってあったんだけど。

佐々木:うんうん。

高城:そのポスターの前に工事のおじさんが立っていたの。だから、私はいつもの癖が出てしまって『これ、私ですよ』って話しかけちゃったんですよ。

佐々木:……。その癖もどうかと思うけどね。

高城:そうしたら工事のおじさんが、なんだこいつ、みたいな顔をして、『はぁ……』って。

佐々木:信じてもらえなかったということ?

高城:あの反応は全く信じていなかったなあ。

自分から名乗ったが全く信じてもらえなかったという高城。「信じてもらえないと本当にヤバい子になっちゃうから、ちょっと恥ずかしいなって思った」と心境を語ると、佐々木から「それはいくらなんでもやりすぎだね」と高城の大胆すぎる行動に呆れた様子だった。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo」
放送日:2019年10月20日(日)22時〜22時30分
パーソナリティ:ももいろクローバーZ
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191020220000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/momoclo/

関連記事(外部サイト)