三四郎・小宮、「終わりに向かってない?これは終活?」 ANN番組本の出版決定に不安?

11月22日(金)深夜、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信と相田周二がパーソナリティを務めるラジオ番組「三四郎のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時〜)が放送。初の番組イベント『「三四郎のオールナイトニッポン」5周年記念バチボコプレミアムライブ』の開催に続き、番組本の出版が決定したと発表した。

2020年3月14日に東京国際フォーラム・ホールAで開催される「5周年記念バチボコプレミアムライブ」。先日イベントのチケット最速先行受付を行い、予定販売枚数に達したことから、大喜びだった小宮と相田。ライブに続いて番組本を出版すると発表し、喜びを語った。

相田:また、ジャイアント告知です。じゃあ小宮、お願いします!

小宮:『三四郎のオールナイトニッポン』の番組本が出ます!

相田:イエーイ! 明らかな、ジャイアント告知!

小宮:ジャイアント告知って聞き馴染みがないですけども。

相田:まさか2連チャンとはね。

小宮:なんか、集大成に入ってきてない?

相田:ははははは(笑)。

小宮:(番組が)終わるの? イベントやったり、本出したり。終わりに向かってない? これは終活? 大丈夫なの?

相田:終活に入っているかもしれません。分からないです。

小宮:分からないの?

相田:思い出一杯作ろうよ。

小宮:いやいや、思い出一杯じゃないよ。そういう訳じゃないってことでしょ?

相田:とにかく番組本が出るんですって。扶桑社より、2020年3月発売予定。嬉しいですよ、これは。今もね、カメラさんが入っていまして。何かしらの撮影中です。何かは分からないですけど。カメラマンさんがブースの中を撮っております。表紙の撮影を先週やりました。

小宮:はい。

相田:詳細はね、今後お知らせしていきたいと思います。この番組の5年間で書籍化することなんて、あろうか?

小宮:いやいや、あるでしょうよ。そんな悲しいことを言わないでよ。

相田:活字にすることなんて、あろうか?(笑)。

イベント開催と番組本の発売が立て続けに決定したことに、番組が終わりに向かっているのではないかと笑いを誘った小宮と相田。既に撮影は終了していると明かした。また、相田は「番組本の中にはリスナーと一緒に作るパートも考えている」と発表し、「まだ内容が決まっていないページがあるんで、リスナーから企画案を募集します」と告知。それを聞いた小宮が「大丈夫? 煮詰まっているわけじゃないよね?」と突っ込むと、相田は「そりゃ、“あえて”よ」とリアクションした。

なお、番組本の詳しい概要は今後、放送内やホームページで随時告知される予定だ。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「三四郎のオールナイトニッポン」
放送日:2019年11月22日(金)25時〜27時
パーソナリティ:三四郎(小宮浩信、相田周二)
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191123010000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/sanshiro/

関連記事(外部サイト)