あの“伝説のクソゲー”がキングコング 西野亮廣主演でまさかの舞台化!『たけしの挑戦状 ビヨンド』第一弾キャスト発表!

主演:キングコング 西野亮廣 × 脚本・演出:ヨーロッパ企画 上田 誠
舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』

ビートたけし監修の伝説のゲームソフト「たけしの挑戦状」がキングコング・西野亮廣を主演に、ヨーロッパ企画・上田誠の脚本・演出によって舞台化されることが決定した。

原案となる「たけしの挑戦状」は1986年にビートたけしが監修し、ファミコン用に発売されたゲームソフトで、主人公のサラリーマンが財宝を求め、南の島を目指すアクションアドベンチャーゲームです。当時のパッケージには「常識があぶない」と書かれており、その言葉通りこれまでのゲームの常識を超えた難解な仕掛けの数々が話題となった。あまりの難しさと独特な世界観に「クソゲー」と称され、動画サイトにはプレイ動画が数多く投稿されているほどゲームファンを魅了する伝説のゲーム作品。

今回この“伝説のクソゲー”舞台化にあたり、芸人、絵本作家などさまざまな肩書を持ち、主宰するオンラインサロンの会員は3万人以上の人気を誇り幅広い世代に支持されているキングコング・西野亮廣が舞台初主演を務める。

共演は、映画「銀魂」シリーズなどで個性的な演技に定評があり、昨年上演した上田誠脚本・演出の舞台「続・時をかける少女」にも出演した戸塚純貴、舞台「けものフレンズ」や舞台「ナナマル サンバツ」などの人気作品に出演している他、ドラマ「ハイポジ」ではヒロインに抜擢されるなど最近の活躍がめざましい乃木坂46・鈴木絢音といった注目の若手に、「アンナチュラル」や「重版出来!」などの人気ドラマに出演する他、根本宗子や岩井秀人など様々な演出家の舞台に出演している今井隆文、そして石田剛太、諏訪 雅、土佐和成のヨーロッパ企画メンバー3名の実力と個性にあふれたキャストが揃った。

脚本・演出は、昨年創立20周年を迎えた京都を拠点に活動する人気劇団「ヨーロッパ企画」の代表で、テレビや映画、アニメなど舞台以外でも多くの作品を手掛けている上田誠が担当する。

公演公式サイトでは、舞台の情報解禁と同時に、西野亮廣×上田誠の対談の様子を動画でチェックできる。また、東京・大阪公演のチケット先行予約の受付も同時にスタート。(申込みは12月22日まで)

発売から30年以上経った今も伝説として語り継がれる「たけしの挑戦状」。

今あらためてその挑戦状に向き合い演劇界から“現代”に新たな一石が投じられる。

◇主演:西野亮廣コメント◇

今回、舞台「たけしの挑戦状 ビヨンド」に出演させていただくことになりましたキングコング西野です。「良い意味でも悪い意味でも話題になったゲームの舞台化」ということで非常に芳ばしい香りを嗅ぎとっています(笑)。主演という形で出させていただく僕にとっても、上田さんにとっても、キャストの皆様にとっても、スタッフの皆様にとっても、今作品は本当に大きな大きな挑戦となると思いますので、チーム一丸となって臨みたいと思います。上田さんに「どうなったら失敗ですか?」とお聞きしたところ「スベったら失敗です」というシンプルな返事をいただきましたので、笑ってもらえるように頑張りたいと思います!劇場でお待ちしております。

◇脚本・演出:上田 誠コメント◇

「たけしの挑戦状」を舞台化する、ということをします。なんでだ、と問われれば、「挑戦状がきたから」と答えざるを得ません。
挑戦状は僕の人生に定期的にきます。1度目は、小学一年生の時。発売当時、そのソフトが放つ瘴気にあてられ、定価で購入しました。スタート直後いきなり「しゃちょうをなぐる」というコマンドを選べるところから始まる、そのピーキーな世界観を小学生なりに楽しみはしたものの、クリアは到底できず、なんとなくプレイを辞めました。敵前逃亡といっていいでしょう。一億人がそうでしたが。
2度目は高校生のとき。このゲームを攻略本片手にクリアして、攻略ビデオを自作して配布しました。なぜだかこのゲームの全メッセージ全ルートを映像に収めねばならぬ、という気持ちになったんでした。驚かされたのはこのゲームに込められた野心と革新性、そして込めきれなかった映画的イマジネーションでした。サラリーマンが、社長を殴って会社をやめ、妻と離婚して、やくざと渡り合いながら、南海の黄金をめざすゲーム。映画第一作「その男、凶暴につき」が公開されたのは、このゲームの3年後でした。
そして3度目が今です。思えば挑戦状はいつだって突きつけられていたのかもしれません。あの日から一億人がそうなのかもしれません。一緒にこの挑戦を受けてくれそうな人は誰かいまいか、と考えていて、西野さんだ、と思いました。当時のたけしさんと同い年の西野さん演じるサラリーマンが、このゲームを34年ぶりにやるところから話を始めようと思っています。しかし生活はしぶといのです。クリアできるかな。

〇上田 誠プロフィール〇
うえだ・まこと 1979年 京都府出身。
1998年同志社大学演劇サークル内で「ヨーロッパ企画」を旗揚げ。全公演の作・演出を手掛ける。2005年ヨーロッパ企画の舞台を原作に脚本を担当した「サマータイムマシン・ブルース」、2009年「曲がれ!スプーン」が、本広克行監督によってそれぞれ映画化。2010年シリーズ構成・脚本を担当したテレビアニメ「四畳半神話大系」で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門史上初のテレビアニメによる大賞を受賞。2017年「来てけつかるべき新世界」で第61回岸田國士戯曲賞受賞。2018年アニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」ではファンタジア国際映画祭今敏賞(ベストアニメーション賞)長編部門を受賞。映画「前田建設ファンタジー営業部」(2020年1月31日全国ロードショー)、テレビドラマ「浦安鉄筋家族」(テレビ東京)が控えるなど、劇団公演のみならず外部の舞台作品や映画、ドラマと活動は多岐にわたる。

<主演 西野亮廣×脚本・演出 上田 誠(ヨーロッパ企画)対談>

◇◆たけしの挑戦状とは?◆◇
1986年12月10日にタイトーより発売されたビートたけし監修のファミコン用ゲームソフト。ビートたけしの先鋭的な発想が盛り込まれた内容となっている。
ゲームの内容は、所帯持ちのサラリーマンである主人公が、南海の孤島に眠っている財宝を探しに行く冒険ストーリー。
クソゲーと呼ばれる所以として、クリア必須アイテムを入手するために「1時間画面を放置する」など常識では思いつけない数々の仕掛が挙げられる。攻略本が発売されるも読んでもクリアできないと出版社に苦情が殺到し、その対応に辟易した担当者が「担当者は死にました」と虚偽の回答をしたという逸話もある。
しかし発売当時大ヒットを記録し大勢のゲームファンを虜にするとともに困惑をもたらせたまさに、クソゲー・オブ・クソゲーである。
現在、アプリ版「たけしの挑戦状」(iPhone / Android)を配信中。

【公演概要】

◇タイトル:ニッポン放送開局65周年記念公演 舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』
◇原案:「たけしの挑戦状」
?TAITO CORPORATION/ビートたけし 1986 ALL RIGHTS RESERVED
◇脚本・演出:上田 誠(ヨーロッパ企画)
◇キャスト:西野亮廣 戸塚純貴 鈴木絢音(乃木坂46) 今井隆文
石田剛太(ヨーロッパ企画) 諏訪 雅(ヨーロッパ企画) 土佐和成(ヨーロッパ企画) ほか

◇音楽:伊藤忠之
◇美術:片平圭衣子
◇照明:倉本泰史(APS)
◇音響:加藤 温
◇映像:大見康裕
◇ドットアニメーション:たかくらかずき
◇衣裳:木阿友子
◇ヘアメイク:大宝みゆき
◇演出助手:山田 翠
◇舞台監督:川除 学

◇宣伝美術:たかくらかずき 一ノ瀬雄太
◇宣伝写真:齊藤翔平
◇宣伝映像:斉藤雄一

◇企画協力:株式会社タイトー
◇制作協力:ヨーロッパ企画/オポス
◇宣伝協力:TOHOマーケティング株式会社

◇主催:[東京公演]2020「たけしの挑戦状 ビヨンド」製作委員会

◇企画・製作:ニッポン放送

◇公演日程:
東京公演 2020年4月9日(木)〜4月19日(日)
紀伊國屋ホール 東京都新宿区新宿3-17-7 紀伊國屋書店新宿本店4F

◇地方公演:
名古屋公演 2020年4月22日(水) 名古屋市青少年文化センター アートピア
高知公演 2020年4月25日(土) 高知県立県民文化ホール オレンジホール
広島公演 2020年4月28日(火) JMSアステールプラザ 大ホール
大阪公演 2020年5月2日(土) 〜5月3日(日・祝) サンケイホールブリーゼ

◇チケット:
<オフィシャル先行(東京・大阪)※WEB>
受付期間:2019年12月14日(土) 12:00〜12月22日(日) 23:59
(東京):https://w.pia.jp/s/takeshi20of/ (PC/スマートフォン)
(大阪):https://w.pia.jp/s/takeshi20k-of/ (PC/スマートフォン)

<一般発売>2020年1月26日(日)10:00〜 全国一斉発売
WEB:https://w.pia.jp/t/takeshi-stage/ (PC/スマートフォン)
電話:0570-02-9999(東京公演Pコード:499-248)
店頭:セブン-イレブン、チケットぴあ店舗でも直接販売

◇料金:
【東京公演】一般8,500円(全席指定・税込)
【名古屋公演】一般8,500円(全席指定・税込)
【高知公演】一般7,800円 学生シート4,000円(全席指定・税込)
【広島公演】一般8,000円 学生シート5,000円(全席指定・税込)
【大阪公演】一般8,500円(全席指定・税込)

◇公式サイト:https://event.1242.com/special/takeshi_stage/
◇公式Twitter:@Takeshi_Beyond

◇チケットについてのお問い合わせ:[東京]チケットぴあインフォメーション
TEL 0570-02-9111(10:00〜18:00)
◇公演についてのお問い合わせ  :プラグマックス&エンタテインメント
TEL 03-6276-8443(平日11:00〜17:00)

関連記事(外部サイト)