「ヒプマイ」で人気の61歳と22歳の年の差声優コンビ、M-1挑戦の理由を明かす

12月11日(水)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月−木24時〜)に、声優の速水奨と野津山幸宏が出演し、2人で『M-1グランプリ2019』の予選に出場した意図を語った。

『ミューコミプラス』では、12月2日(月)から2週間スペシャルウィークとして『2019年 話題の人に会いたいよSP』という企画を開催中。この日は、男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク」で共演している声優の速水奨と野津山幸宏が登場した。

速水と野津山は「ラッシュスタイル」というお笑いコンビを結成して『M-1グランプリ2019』に挑戦し、予選1回戦を突破したことでも話題になった。それについて2人は、なぜ声優同士でコンビを組み、お笑いに挑戦しようと思ったのかを明かした。

吉田尚記アナウンサー:速水奨さんは61歳になられて、新人で22歳の野津山幸宏さんと一緒に「M-1に出よう!」ってなるのはおかしいですよね(笑)

速水:背中を見てもらわないと育たないじゃないですか、新人って。あと、野津山くんってアドリブ力が非常に高くて、僕にないものを持ってるんですよ。僕は逆にそれを盗もうと思って、実はにじり寄ってるんです

野津山:えっ、そうだったんですか!? 初めて聞いたんですけど(笑)

吉田:今、日本中の60代と20代の組み合わせで一番楽しそうな2人ですね

野津山:それは一番でしょうね、僕たち!

速水:そうかなぁ。鶴瓶さんと芦田愛菜ちゃんの2人が一緒にいてもすごく楽しそうな気がする

吉田:何にライバル意識を持ってるんですか(笑)

後輩で新人の野津山のアドリブ力に惚れ込み、お笑いコンビを結成してM-1に挑戦したと明かした速水。また速水は、最近は芦田愛菜をリスペクトしており、野津山に対しても、まっすぐな性格で似たものを感じているのだという。

『ミューコミプラス』で開催中の『2019年 話題の人に会いたいよSP』。最終日となる12日(木)はアニメ『PSYCHO-PASS 3』の監督・塩谷直義が出演。

この日の放送は、期間限定でradikoタイムフリーサービスで聴くことができる。

<期間限定!radikoタイムフリーで聴く>
番組名:ニッポン放送「ミューコミプラス」
放送日:2019年12月11日(水)24時〜24時53分
パーソナリティ:吉田尚記アナウンサー
タイムフリー:http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20191212000000
番組HP:https://www.allnightnippon.com/mcplus/

関連記事(外部サイト)