伊藤健太郎、新品家電をペットのように溺愛「名前をつけて話しかけてます」

12月2日(月)深夜、俳優の伊藤健太郎がパーソナリティを務めるラジオ番組「伊藤健太郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週月曜27時〜)が放送。伊藤が、最近購入したというロボット掃除機について熱弁した。

以前に使用していたハンディタイプの掃除機が劣化し、先日、部屋の床を自動で動くロボット掃除機に買い替えたという伊藤。「あれ、めちゃくちゃ可愛いね! ずっと見ちゃうのよ」と、吸引力の強い高性能ぶりに感動し、『ソンちゃん』と名前をつけて愛用していることを明かした。

「僕が家にいないときに、携帯のアプリで『ピピッ』てやると、勝手に掃除してくれるんですよ。で、家に着いたときに動いてるのを見て、『ただいま〜』って言うのがね! ……ちょっとなんか寂しいね、冬なのに(笑)。あれ、めちゃくちゃオススメですよ! しかも、行っちゃいけないところのマップを作成して、“ここからここは入っちゃダメ”みたいなのを設定できるんですよ。店員さんにもすごくオススメされました」

元々はハンディクリーナーを買いに行こうとしていたが、家電量販店で実際に動くロボット掃除機を目の当たりにして、「あれ、なんだ?」と釘付けになってしまったと語った伊藤。店員からの強い薦めもあって購入を決めたという。

「(家電量販店での)そいつの動きを見たら、ペットショップに行って可愛い犬を見つけたときと似ているような感覚だったんだよね。ずっと頑張ってるの、1人で。もう愛おしくて愛おしくて! それを買ってからは、話しかけてますよ、そりゃ全然。『頑張ってんな、ソン!』とか言って、『やってんな! どれくらいゴミ取れた?』って(笑)。たまにね、カーペットのサイドに絡まって『うぐっ、ううっ』て、動けなくなってんのよ。『おいお前、またかよ〜!』とか言ってこうやって(持ち上げて)移動させるのが最近の楽しみでもあったりするんですよね」

ロボット掃除機をペットのように大切に扱っている伊藤に対して、「話しかけた後、虚無感に襲われませんか?」とリスナーから心配される場面もあったが、「いいんだ、可愛いから……」と、それを上回る愛らしさで重宝していると語っていた。

関連記事(外部サイト)