2代目バチェラー・小柳津林太郎、彼女との破局を報告

1人の男性を巡って25人の女性が争う恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』シーズン2(Amazonプライム・ビデオ)で2代目バチェラーを務めた小柳津林太郎が28日、自身のブログを更新。カップルとなった倉田茉美と破局したことを明かした。

小柳津は「この度、バチェラー・ジャパン シーズン2を通して、結ばれた、倉田茉美さんとお別れすることになりました」と報告、結婚を前提に真剣な交際をしていたことを語り「一人の女性と真剣に向き合った結果、そして、二人で話し合った結果、このような運びとなりました」と説明した。

破局の理由としては「言葉で表現するのは難しいのですが、時が経ち、気が付けば、兄弟と言いますか、心友のような関係に変わっていきました」と明かしており、「番組を楽しんでいただき、二人の結婚を期待して頂いた方々には、応えることが出来ず、申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪の言葉をつづった。

また今後については「小柳津林太郎も、倉田茉美も、それぞれの人生を これからも精一杯全うする所存でございます。暖かい目で応援して頂けれたら、幸いです」(原文ママ)と呼びかけており、「今後ともより一層仕事、そして人と向き合っていく所存で御座います」とつづってブログを締めくくった。

これに対してファンからは「今後の飛躍を見守ってます」「お二人のさらなるご活躍を楽しみにしています」「これからも二人を応援してまーす」「お疲れ様でした」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)