生駒里奈、上半身裸の男に壁ドンされ照れる姿「可愛い」

AbemaTV、メ〜テレ(名古屋テレビ放送)との共同制作ドラマ『星屑リベンジャーズ』の「AbemaTV」限定の最終回が、9月24日に放送された。

本作品は、“夢”と“セルフプロデュース”をテーマに、新川優愛演じる主人公・楠木春が全てを失いながらも“TRANSITION”という男性5人組アイドルグループをプロデュースして芸能界をのし上がっていく様子を描く“痛快サクセスストーリー”。

TRANSITIONの初イベントから1年。配信の冠番組を持てるようになったトランジションだが、まだまだ知名度は低い。「このままじゃ、先に行けない。大きな一歩を踏める仕事が必要なの」と春(新川)が持ってきたのは、なんと映画の仕事だった。『ワンチャン☆学園』というタイトルのこの映画は、トランジションの5人が同時に映画デビューでき、新谷(清水尚弥)の曲も劇中で使ってくれるという願ってもないものだった。だが肝心のストーリーはメチャクチャな学園もので、「タイトルがダサい」「色々とやばい」「こんな内容で話題になんの?」と、あかり(生駒里奈)やメンバーは不安を隠せない。

案の定トラブルだらけの撮影現場では、あかりが主演女優に抜擢されたり、次から次へと起こる予測不能な事態に振り回されながらも撮影は進む。映画のラストシーンで、突然学校を去ることになった担任の先生へのメッセージをアドリブで言うことになったTRANSITIONの5人とあかりは、春への感謝の気持ちを述べた。映画の完成試写会で初めて彼らの気持ちを聞いた春は涙ぐみ、引き続き彼らと共に芸能界の頂点を目指すことを誓ったのだった。

これまでの放送と雰囲気の違う「AbemaTV」限定の最終回には、「もう最終回なんて悲しすぎる!」「映画撮影の裏側みたいで面白い!」「生駒ちゃんの学園ものが見れて嬉しすぎる!」「この映画部分も入れたDVDが欲しい!」などの反響コメントが届いた。

「目がいい!台本も読めている!」と監督に見いだされ、5人の同級生から思いを寄せられるヒロイン役を演じることになったあかり(生駒)。あかりを取り合って揉み合いになる男子学生役を演じた内藤秀一郎と本田響矢が揉み合った拍子にキスをしてしまうシーンには「やばーい!」「美しすぎる!」「生駒ちゃんが熱血指導したキスだ!」など、先日のイベントでボーイズラブ好きの生駒さんが演技指導をしたことを明かした、ファン待望のキスシーンに多くのコメントが寄せられた。さらに、別の部屋では着替え中の同級生と鉢合わせしてしまい、上半身裸の塩野瑛久さんに壁ドンをされ照れる様子に「照れてる生駒ちゃん可愛い!」との声が殺到した。

?AbemaTV

関連記事(外部サイト)